中国の深センにオープンした80年代×近未来な複合レストランがカッコイイ! 新しさと昔懐かしさが融合

10

2021年04月16日 20:33  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真80年代と近未来が融合したような空間
80年代と近未来が融合したような空間

 中国・深センで4月2日にオープンした、80年代をテーマとした複合施設「深セン超級文和友」のレポート写真が、レトロとSFのような近未来を融合させたような世界観だと、Twitterで注目を集めています。



【画像7枚】施設の写真



 「深セン超級文和友」は飲食店が並ぶ4階建て複合型施設。中国で数時間待つほどの行列ができるタピオカティーブランド「茶顔悦色」など、60以上の店舗が入っています。写真家のTonyさんは、まだメディアでも見る機会が少ない施設内部の様子を投稿。あやしく光るネオンの看板や、年月を経て劣化したように見える外壁から、古めかしさとサイバーパンクのような未来風の雰囲気が漂ってきます。



 施設内にはゲームセンターもあり、日本でも馴染み深い格闘ゲーム「KOF'97」のロゴも確認できます。Tonyさんは足を踏み入れた感想を「古い町並みの再現度が本当に高くて、タイムスリップしたような気分が味わえます!」と興奮気味に語ってくれました。



 投稿された写真からも伝わってくるように、施設内にはたくさんの撮影映えスポットがあるとのこと。また、寄せられた感想のなかには、ウェアハウス川崎に似ているという声も。確かにどこか香港の九龍城を思い起こさせる部分があります。



 ちなみに入場は予約制となっており、「WeChat」アプリ上で公式アカウントのフォローが必要。オープン初日には5万人以上が足を運んだようで、深センの新しい観光スポットになりそうです。コロナ禍が一段落したらぜひ行ってみたい……!



写真提供:Tony(@yusuke_tony)さん


このニュースに関するつぶやき

  • 電脳九龍城のコピー(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 華流版「外灘」だったら、行ってみたい…と思ったけど、香港のホーカー(屋台)風だった。もう、”かつての中国”は、アトラクションの世界なんだ、レトロ〜。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

ニュース設定