アストラ製ワクチン接種=メルケル独首相

17

2021年04月17日 05:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 【ベルリン時事】ドイツのメルケル首相(66)は16日、英製薬大手アストラゼネカが開発した新型コロナウイルスワクチンを接種した。同ワクチン接種後に血栓症で死亡する例が相次いだため、ドイツは発症が多い60歳未満への接種を取りやめている。

 ザイベルト報道官のツイッターによると、メルケル氏は「ワクチンはパンデミック(世界的大流行)を克服するためのカギだ」と強調した。ショルツ副首相兼財務相(62)も同日、アストラ製ワクチンを接種。シュタインマイヤー大統領(65)も先に接種していた。 

このニュースに関するつぶやき

  • 『ベルギーの大臣、、、世界共通で政府の茶番が繰り広げられてるよーで』https://bit.ly/3nfn6TGホントだ針無いよ。一番フェイクだと分かるが、何か敢えて分かる様にしてる節も。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • コロナ騒動の元凶ビルゲイツを糾弾したイタリア女性国会議員「サラ・クーニアル国会議員の議会演説」(2020年5月18日) https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1978124830&owner_id=67611045
    • イイネ!15
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

ニュース設定