グラフィックスカードの購入は月1回まで――新たな転売対策を立てるショップ

4

2021年04月17日 06:11  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真ドスパラ秋葉原本店のグラフィックスカード売り場
ドスパラ秋葉原本店のグラフィックスカード売り場

 最近は、一度品薄化したPCパーツはなかなか回復しない傾向があるが、AMDのCPU「Ryzen 5000」シリーズは「Ryzen 7 5800X」や「Ryzen 5 5600X」などのモデルを比較的潤沢に在庫しているショップが増えており、シリーズ通して全滅という事態からは脱しつつある。



【その他の画像】



●ドスパラ各店がグラフィックスカードの購入制限を強化 4月17日から



 一方で、改善の糸口が見えないのがグラフィクスカードだ。どこのショップもコーナーの棚がごっそり空になっている。あるショップは「供給は2月と比べればマシになっていますが、それが関係ないくらいに転売が横行しています。アキバの店舗を回ってグラフィックスカードを買う人員を雇って、元締めがフリマで売るというビジネスができあがっているんです。2018年の暗号資産ブームでも、ここまでじゃなかった」と苦しそうな表情で語る。



 ほとんどのショップがグラフィックスカードの購入は1グループ1台と限定している。しかし、くだんの相手は人を雇って遠隔操作をしている上、軽く変装して2度買いに来ても店側は強く拒否できない。



 そこで、一段強力な購入制限の実施に踏み切ったショップもある。



 ドスパラは、ネットショップを含めた系列店でのグラフィックスカードの購入条件に、ドスパラ会員登録をしていること、過去1カ月以内に系列店でグラフィックスカードを購入していないことを盛り込んだ。購入履歴がたどれる状態にし、月イチを超えるペースでの購入は控えてもらうという作戦だ。今週末から当面の間続けるという。



 ドスパラ秋葉原本店は「当面はGPUの種類を問わずに実施します。本当にPCパーツを求めている人に届けられるようにどうにかしたいと思いますので、ご協力をよろしくお願いします」と話していた。



 次はリニューアルセールのお話だ。



●パソコンSHOPアークがリニューアル――4月17日から9日間セール



 パソコンSHOPアークは週半ばの店舗改装休みを経て、週末からリニューアルオープンする。



 価格表などに液晶ディスプレイを採用し、ブラックを基調にした器具で各種パーツを見やすく配置している。従来のゲーミングデスクスペースなどが展示棚に変わり、ゆとりを持って多くの実機を並べられるようにしている。



 同店は「大まかなパーツの配置は従来通りですが、見やすさがアップしたかなと思います。あとはCPUやメモリ、グラフィックスカードの価格表が電子化したのもポイントです」と語る。



 リニューアルオープンセールは、4月17日から25日の9日間実施する予定だ。セール限定ノートPCやメモリなどの特価を鋭意準備中とのことなので、公式サイトや公式Twitterをチェックして足を運びたい。


このニュースに関するつぶやき

  • GWの巣ごもりゲーミングのPC組むつもりだったけど約2年前のGTX1650で戦わざるを得ない。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 転売というのも基本的には商業活動の一つ。これを制限するのは本来はやるべきではない。生活必需品の様なものは禁止措置を取っても良いが、それ以外は売る側がなんらかの対策を取るべき。 https://mixi.at/a6JFLKz
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定