17日土曜の天気 太平洋側で「滝のような雨」が降り大雨のおそれ 「黄砂」にも注意

0

2021年04月17日 06:41  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真17日土曜の天気 太平洋側で「滝のような雨」が降り大雨のおそれ 「黄砂」にも注意
17日土曜の天気 太平洋側で「滝のような雨」が降り大雨のおそれ 「黄砂」にも注意

きょうは雨のエリアが東へ移り、太平洋側では、バケツをひっくり返したような雨の降る所があるでしょう。地方ごとに、雨のピークの時間帯をまとめました。さらに、大陸から黄砂が飛んでくる可能性もありますので、注意が必要です。



●天気のポイント 1つめは?


17日土曜の天気は、ポイントが、2つあります。1つめは「大雨」です。
西日本から東日本の南岸と、日本海を、それぞれ低気圧が東へ進むでしょう。これらの低気圧に向かって、日本付近には、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」が流れ込みそうです。
このため、17日土曜午前6時現在、すでに九州から東海の広い範囲で雨が降っていますが、雨のエリアは東へ移るでしょう。九州から関東甲信では、大気の状態が非常に不安定になり、太平洋側を中心に、雨雲や雷雲が発達するおそれがあります。
雨のピークの時間帯は、地方によって異なります。
九州は、朝までが雨のピークで、所々で雷を伴い、雨が激しく降るでしょう。中国、四国や近畿は、日中も雨や雷雨で、太平洋側ほど、雨脚が強まりそうです。バケツをひっくり返したような雨が降り、道路が川のようになる所もあるでしょう。
今回、最も「大雨」が予想されているのは、東海です。日中も雨が続いて、夜は静岡県を中心に、雷が鳴ったり、滝のような雨が降ったりするおそれがあります。関東甲信は、午後は広い範囲で雨が降り、夜は雷を伴って、雨の降り方が強まるでしょう。また、太平洋側では沿岸部を中心に、雨だけでなく、風も強まり、横殴りの雨になる所もありそうです。
雨のエリアは、北へも広がるでしょう。東北や北海道は、傘の出番の所が増えて、所々に雷雲もかかりそうです。こちらも、18日日曜は、局地的に激しい雨が降り、海上を中心に風も強まるおそれがあります。
18日日曜午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、東海で180ミリ、北海道・関東甲信で120ミリ、東北で100ミリとなっています。
土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に、注意・警戒が必要です。落雷や突風などにも、ご注意ください。
沖縄は、午前中は雲が多く、一時的に雨が降りますが、午後は晴れてくるでしょう。


●天気のポイント 2つめは?


天気のポイント、2つめは「黄砂」です。
雨のエリアが東へ移ると、西から天気が回復へ向かいますが、油断はできません。17日土曜は、すでに、朝鮮半島で、黄砂が観測されていて、日本へも黄砂が飛んでくると予想されています。
黄砂とは、中国の黄土地帯の砂が、強い風にのって、飛ばされてきたものです。黄砂が飛ぶと、空が黄色っぽく見えたり、砂が積もったり、ひどい場合には、 視界が悪くなることもあります。
今回の黄砂は、17日土曜だけでなく、18日日曜にかけて、広い範囲で飛ぶでしょう。雨が止んでも、黄砂に十分お気をつけください。


●気温のポイントは?


そして、気温のポイントは「最高気温は、16日金曜より低い所が多い」ということです。
最高気温は、北海道や東北、北陸は、15℃前後でしょう。仙台は、1週間ぶりに15℃に届かない予想です。関東甲信から中国、四国は18℃くらいまで上がる所が多いでしょう。ただ、雨に濡れて、体を冷やさないよう、注意が必要です。
一方、九州では16日金曜より高く、20℃を少し超えるくらいの所が多いでしょう。ただ、夜は、朝よりもヒンヤリと感じられそうです。服装選びに、ご注意ください。


    ニュース設定