巨人・菅野が今季初勝利を完封で飾る!解説陣はイメージを覆した“あるボール”に注目

18

2021年04月17日 06:52  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真今季初勝利を挙げた巨人・菅野智之 (C) Kyodo News
今季初勝利を挙げた巨人・菅野智之 (C) Kyodo News
◆ 大矢氏「右バッターにとっては厄介」

 巨人が5連勝を飾り、今季19試合目で10勝に到達。

 エース・菅野智之が9回6安打完封の快投を見せ、今季初白星を掴んだ。




 押しも押されもせぬ巨人のエースは、今年も開幕戦のマウンドに登るも、6回3失点で勝ち負けつかず。

 その後、足の違和感による登録抹消で1度登板機会を飛ばし、復帰戦となった4月9日の広島戦は7回2失点も負け投手に。

 あれから中6日、今季初勝利を目指して横浜スタジアムのマウンドに登った。



 この日は打線が4回以外の8イニングで安打を記録するなど、計19安打と絶好調。

 菅野もそのうち1安打を記録するなど、援護は豊富にあった分、攻撃の時間が長くなるという不安はあったが、そこはさすがのエース。集中を切らすことなく、スコアボードにゼロを並べていく。

 4回は一死からタイラー・オースティンに二塁打を浴び、この日はじめてのピンチを迎えるも、佐野恵太は二ゴロに仕留め、二死三塁からネフタリ・ソトは中飛で無失点。

 7回には先頭の佐野に安打を許し、アウトを挟んで宮敏郎にも安打を浴びて一死一・二塁となったが、代打の倉本寿彦を投ゴロの併殺に斬ってピンチ脱出。

 8回終了時点で球数は103となっていたが、7点リードの9回ももちろん続投。佐野にこの試合はじめての四球を出したが、最後はソトをシュートで詰まらせて27個目のアウト。今季初勝利を完封で飾った。


 この日の菅野の投球について、16日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した解説者の大矢明彦氏は「気持ちが強く出たピッチングだった」と振り返る。

 開幕から3週間経っての今季初勝利。「故障もあったりして、良いスタートが切れなかったので、『今日こそは…』という気持ちが一番強く出たピッチングだと思います」と、まずは“ひとつ目の勝利”にかけた菅野のメンタル面について言及。


 また、投げていたボールに関しては、同じく解説を務めた野村弘樹氏が「スライダーのイメージが多いなか、きょうはフォークボールを多く使っていましたよね」と指摘。

 これについては大矢氏も、「右バッターの膝もとに行く、ツーシーム気味に落ちていくボールですよね。右バッターにとっては厄介ですね」と解説。

 菅野のイメージとして刷り込まれたカットボールやスライダー、それを逆手に取るような“対になるボール”の存在が、完封の快投を呼び込んだ要因のひとつではないかと分析した。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』

このニュースに関するつぶやき

  • 最後まで自分で投げる。これぞエースexclamation
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • この1勝で終わるだろう。
    • イイネ!6
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(7件)

ニュース設定