皐月賞は「2強」が一枚上で混戦にあらず。穴は好位で運べる先行馬だ

0

2021年04月17日 07:01  webスポルティーバ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 先週の桜花賞ではソダシが優勝。日本中が白毛馬初となるクラシック制覇に沸きました。新たなヒロインの誕生は、競馬界にとっても歓迎すべきニュースですね。

 また、昨年は無観客開催だった牡牝のクラシック第1弾が、わずかではありますが、有観客で行なわれることは喜ばしいことだと思います。

 さて、今年の牡馬クラシック初戦のGI皐月賞(4月18日/中山・芝2000m)ですが、おおよそ「戦国・皐月賞」「混戦」といった様相にあると捉えられているようです。

 昨年のコントレイルやサリオス、一昨年のサートゥルナーリアのように、2歳GI馬が堂々と直行で臨んできているわけではありませんし、出走馬の多くが直近のトライアルをはじめ、いろいろなステップレースから参戦してきているので、実力比較が難しく、そう考えられるのも無理もないと思います。

 ちなみに、私はデータを重視することはありませんが、過去10年、王道のトライアル・GII弥生賞(中山・芝2000m)からのステップで勝ち馬は出ていないそうです。昔とは「時代が変わったな」と、改めて痛感させられます。

 そんな状況にあって、「混戦」とされる皐月賞ですが、私の考えはその逆。2頭の馬の実力が一枚上、と見ています。

 その2頭のうち、1頭は3戦無敗のエフフォーリア(牡3歳)です。

 スローでも折り合えて、好位から速い上がりを使えるというのは、乗り手からすると、かなりの信頼が置けるもの。今年はこれといってハナを主張したいタイプがいないため、先行力は相当な武器になります。万が一、後方からレースを運ぶことになっても、終(しま)いの脚は確実ですから、ジョッキーとしても安心して乗れるのではないでしょうか。

 前走のGIII共同通信杯(2月14日/東京・芝1800m)でも、決してペースが速くないなかで、後続に着差をつけて完勝。負かした2、3着馬が、次戦で重賞を勝利したことを考えれば、能力の違いは明らかと言えます。

 やや跳びが大きい分、小回りの競馬場での多頭数勝負や、荒れた馬場には一抹の不安はあるものの、これまでのレースぶりからして、中山コースにも対応できるでしょうし、余程の酷い馬場にならなければ、こなせると思います。

 もう1頭は、GIホープフルS(12月26日/中山・芝2000m)の覇者であるダノンザキッド(牡3歳)です。GI馬であり、地力の高さはこれまでに十分示しています。

 前走の弥生賞(3月7日)で3着に敗れて評価が落ちた感がありますが、あの敗戦はジョッキーが外を回っても差し切れるだろうと、余裕を持ちすぎたことが一因。ここ最近の、絶好調な川田将雅騎手を思うと、意外な騎乗ぶりでした。

 聞けば、当時はダノンザキッドのテンションが高く、折り合いを重視した分、ポジションも下げざるを得なかったそうです。今回は、その前哨戦を使ったことでガス抜きができたと思いますし、成長力も感じられるので、巻き返しが期待できます。

 同馬を管理するのは、ダノンスマッシュやレッドルゼルなど、最近の国内外の大レースを賑わせている活躍馬が所属する安田隆行厩舎。2歳王者の直行が定番となりつつある昨今、あえて弥生賞を使ったことには、経験も実績も豊富な陣営の狙いがあってのことでしょう。中山・芝2000mの舞台を2度経験していることも、アドバンテージになるはずです。

 雨の有無を問わず、皐月賞は例年、前年末からコンスタントに開催が続く中山の荒れた馬場への対応も重視されます。その点、ダノンザキッドは昨夏のデビュー戦において、開催終盤の阪神・芝レースで圧勝。高速馬場より、むしろパワーを要する馬場のほうがプラスに働くのではないでしょうか。

 他にも成績が安定した馬がいますが、対戦レベルの比較、競馬の安定感、そして地力の高さを鑑みれば、今年の皐月賞は「混戦」ではなく、これらエフフォーリアとダノンザキッドの2頭が抜けた存在。この2頭が勝ち負けを演じると踏んでいます。




 この「2強」に続く馬を挙げるなら、ラーゴム(牡3歳)です。同馬を今回の「ヒモ穴馬」に取り上げたいと思います。

 定石で考えれば、中山・芝2000mは好位で前を射程圏内に入れながら競馬ができるタイプが理想。ラーゴムはここまで4戦して、すべて先行して安定した走りを見せているので、このタイプにハマります。

 GIII京都2歳S(2着。11月28日/阪神・芝2000m)でも直線で内にモタれたように、多少口向きの悪さを抱えていそうですが、そこはクロノジェネシスでもタッグを組む、斉藤崇史厩舎と北村友一騎手が対策を施してくるでしょう。

 前走のGIIIきさらぎ賞(2月7日/中京・芝2000m)では、荒れた馬場でも粘り強い競馬を見せて重賞初制覇を遂げました。パワーも兼備していて、今の中山の馬場も合いそうです。「2強」相手にどこまで迫れるが、注目です。

    ニュース設定