SNS新時代のモノマネアーティストを分析 ホリも「これができる人が全くいなかった」と絶賛

0

2021年04月17日 08:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真松浦航大、犬も食わねぇよ。(C)日本テレビ
松浦航大、犬も食わねぇよ。(C)日本テレビ
【モデルプレス=2021/04/17】タレントのマツコ・デラックスが出演する日本テレビ系バラエティ番組「マツコ会議」(毎週土曜、よる11時〜)。17日の放送回では、新時代のモノマネをするアーティストたちと中継を結ぶ

【写真】アリアナ・グランデらセレブに人気の日本人ネイルアーティストBritney TOKYO、日本のテレビ収録初体験 今後ネイルをしてみたい人は?

◆ホリ、昨今のSNSでのモノマネに「どこが似ているのか何回も見たくなる」

まずは、ビクターミュージックアーツに所属する松浦航大。松浦は、ミュージシャンとして活動していたが、「ミックスモノマネ」という新しいモノマネのスタイル生み出すことに成功。これは、二人のアーティストの特徴を掛け合わせて、全く新しい架空のアーティストに仕上げるというもので、そのYouTube動画の総再生回数は8600万回を越えている。

今回は番組のナレーションを務めるモノマネ界のレジェンド・ホリも登場。ホリは、「今までのモノマネは、テレビが主流だったから、見て終わりだった。それがSNSだと、どこが似ているのか何回も見たくなるから、バスっているのかなと思ったんです」と持論を展開する。

◆「っぽいモノマネ」アーティスト“犬も食わねぇよ。”登場

次に登場するのは、ソニーミュージックBeに所属するYouTuberバンド「犬も食わねぇよ。」。イヌクワの愛称で活動する4人組で、アーティストの作詞作曲のクセやコード進行を分析して雰囲気だけをマネた「っぽいモノマネ」が特徴。声が似ているわけでもなく、メロディーや歌詞も全く違うのに「○○っぽい」と納得させてしまい、これまでに「○○っぽい曲」を54曲も制作しているのだそう。

ホリは、「こういうネタができたらいいなと思って、“誰々が作りそうな曲”という依頼を編曲家や音楽家にお願いしてみても、なかなか思ったような曲があがってこなくて。これができる人が全くいなかった」と、自身の経験を交えながらイヌクワのテクニックを称賛する。そのほか音楽の特徴の分析やモノマネのテクニックが続々と登場する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
    ニュース設定