消費回復、景気を左右=政府は内需後押し―中国

9

2021年04月17日 09:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真北京市内のショッピングモールをマスクをして歩く買い物客ら=2月9日(EPA時事)
北京市内のショッピングモールをマスクをして歩く買い物客ら=2月9日(EPA時事)
 【北京時事】2021年1〜3月期の中国の経済成長率は18.3%と、四半期の数値公表が始まった1992年以降で最高を記録した。ただ、新型コロナウイルス流行の影響で落ち込んだ前年同期から盛り返した側面が強く、前期比では0.6%の微増にとどまった。今後は消費の本格的な回復が景気の先行きを左右するとみられている。

 中国は早期のコロナ封じ込めに加え、積極的なインフラ・不動産開発投資のほか、マスクや在宅勤務用パソコンなど「コロナ特需」を含む外需に支えられ、前年は主要国で唯一のプラス成長を実現した。

 一方、消費の回復は道半ばだ。1〜3月期の小売売上高は前年同期比33.9%増だったものの、コロナ前の19年同期からは年平均4.2%増と、19年通年(8.0%増)を大幅に下回っている。

 こうした中、政府は投資や外需頼みの成長から、内需を柱とする「国内大循環」にかじを切る戦略を打ち出している。李克強首相は先月の政府活動報告で「国内市場の潜在力を十分に掘り起こす」として、消費の拡大を図る意向を強調した。

 ただ、コロナの再流行や雇用不安に対する消費者の懸念は根強い。「家計支出の全面的な回復はワクチン接種の進展と労働市場の改善に懸かっている」(エコノミスト)とされ、政府の思惑通りに進むかは不透明だ。 

このニュースに関するつぶやき

  • 「双循環」なんて大層なスローガン掲げてたな。ただの内需拡大を大げさな言葉にする共産党。「一帯一路」だってただの勢力拡大じゃないか。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 「双循環」なんて大層なスローガン掲げてたな。ただの内需拡大を大げさな言葉にする共産党。「一帯一路」だってただの勢力拡大じゃないか。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

前日のランキングへ

ニュース設定