ベーカリー「デュヌ・ラルテ」が 青山骨董通りに凱旋オープン。人気クリームパン「カンヌ」の復活は見逃せない

1

2021年04月17日 09:01  isuta

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

isuta

写真写真

ベーカリー「d'une rarete(デュヌ・ラルテ)」が、東京・青山骨董通りに4月24日(土)グランドオープン。

人気クリームパン『カンヌ』をはじめ、パン好きさん必食のラインナップがお目見えします。

「類まれなる」を意味するベーカリー

2000年12月、青山骨董通りで誕生した「d'une rarete」。

表参道で10年間の営業を経て、現在、紀ノ國屋等々力店内に本店を構える、斬新なパンが楽しめるベーカリーです。

今回は創業20周年を記念して、本店を青山骨董通りへ凱旋移転することに。

今後は等々力店でも製造・販売を継続し、百貨店などの催事にも出店するそうですよ。

大人気クリームパン「カンヌ」が復活

デュヌ・ラルテ青山本店には、見て楽しめ、食べても楽しめるパンが勢ぞろいします。

フランス語で「サトウキビ」を意味する『カンヌ』(421円)は、さくっ、しゅわっ、とろっ!の幸せ食感が楽しめる贅沢なクリームパン。

ファンの要望に応えて復活した、大人気の看板アイテムなのだそうです。

サトウキビの優しい甘さが特長のクリームは、併設されるパティスリーで出来たてを詰めてもらえるのだとか。

また、食感を味わうため、できるだけ早めに食べるのがおすすめ。

長時間のお持ち歩きはお断りされてしまうという、こだわりの一品は見逃せませんよ。

パン好きマストのラインナップ

デュヌ・ラルテのカヌレ』(194円〜)は、フランス・ボルドー地方の伝統焼き菓子。

カリッと焼かれたクラシックタイプのカヌレは、小ぶりながらバニラビーンズ&カルヴァドスの香りが心地よくお口の中に広がる本格派。

ギフトにぴったりの華やかなカヌレも新登場するそうですよ。

長崎県五島列島に自生する「ヤブツバキ」の花から採取された酵母を使用し、国産にとことんこだわった『パンドミ椿』(1,000円)は、ぷるんぷるんの食感が楽しめちゃう。

ラルテ』(280円)は、バターたっぷり、サクサク食感の四角いクロワッサンです。

温度管理された部屋で伸ばしては冷やしを何度も繰り返し、丹精込めて作られるデュヌ・ラルテのスペシャリテなんだとか。

パン好きさんにはたまらない魅惑のラインナップ!

気になる人は立ち寄ってみてくださいね。

※商品はすべて税込価格です。

デュヌ・ラルテ 青山本店 場所:港区南青山5-8-11 萬楽庵ビル1 1F ※東京メトロ各線「表参道駅」B1出口より徒歩3分 営業時間:10時〜19時(売り切れ次第閉店) 定休日:不定休

d'une rarete https://dune-rarete.com

    ニュース設定