小室さん問題「結婚後の方が問題山積になる」家族問題評論家・池内ひろ美

14

2021年04月17日 10:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真眞子さまと婚約が内定している小室圭さん(c)朝日新聞社
眞子さまと婚約が内定している小室圭さん(c)朝日新聞社
 秋篠宮家の長女、眞子さまと婚約が内定している小室圭さんの対応に国民の関心が集まっている。小室さんは8日に自身の母親と元婚約者との間の金銭トラブルをめぐる文書を公表、そのわずか4日後に元婚約者に「解決金」支払いを検討していると報道された。一連の対応で、国民の視線はよりいっそう厳しいものとなった印象だ。夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美氏に、この問題の本質をたずねた。

【高級ホテルで記念撮影】足を組んでポーズを決める小室圭さん
*     *  *
「多くの国民が眞子さまを心配しています。皆、眞子さまには幸せになってほしいと願っているからこそ、小室さんで大丈夫なのだろうかと不安になるのです。私は、眞子さまを責めるべきではないと思っています。眞子さまご自身はクリーンで、これまで後ろ暗いことは何一つなかった。それだけに、小室さんのこの一件で幸せな結婚が危ぶまれていることが、とても残念なのです」

このように池内さんは、世間の批判が集まることについては、「眞子さまを思うがゆえ」だと指摘する。一方、小室さんが公表した文書が国民の支持を得にくかった要因については、次のように話す。

「文書では『(お金を)返してもらうつもりはなかった』という元婚約者の証言を何度も引用しています。ですが、お金を返す・返さないといったことが問題なのではなく、経済的に助けてくださった方への感謝やお礼の気持ちが全く見えないことが問題なのです。『ありがとうございます』『さまざまな対応が遅れてしまい申し訳ございません』の言葉があって当然ですが、あの文書では、ご自身の正統性を主張なさるばかりで、大変な時に助けてくださったことへの感謝やお礼の言葉が全くなかった。そして何年も経って書面を出されたことについて、遅くなって申し訳ないという謝罪もない。『ありがとう』と『ごめんなさい』が言えない、小室さんの心と姿勢の問題だと思います」

 文書公表から4日後、突然「解決金」の支払を検討しているという報道が出た。それについても国民から批判の声が上がったが、この対応から小室さんの考え方や姿勢が垣間見えるという。

「解決金を支払うなら、相手と話し合いをして合意書面を作られるのが一般的ですが、相手に話し合いも求めず、一方的に公表したことへ不信感を覚えました。元婚約者側も困惑しているでしょう。およそ法律を学んできた方のやり方ではないと感じました」

池内さんは2人の結婚が多くの国民の支持は得られていない現状についても言及。これまで4万組近くの夫婦を見てきた経験から、「良くない予感」を感じているという。

「腑に落ちないことが多すぎます。行動を起こすたびに疑念が生じてしまうやり方です。金銭トラブルの問題を“放置”したまま、なぜあのタイミングでアメリカへ行ってしまったのかも疑問です。28枚の文書で、何も説明されていません。何もクリアになっておらず、何かモヤモヤしたものが残るのです。多くの人が同じように、無意識のうちに何かを感じ取っているのではないでしょうか」

 池内さんが今回、最も注目したのは、元婚約者とのやりとりが公表されたこと。

「怖いなと感じたのが、相手の了解なくこっそり音声を録っていたということ。必要に迫られてしたことかもしれませんが、まだ20歳くらいの男子が実行したことを怖いと感じます」

 今回、小室さんの文書公表を受けてニュースサイトAERAdot.では皇室緊急アンケートを実施し、結果を報じた。男性よりも、40〜50代の女性による回答が多く集まった。その理由についても分析する。

「母親の気持ちで考えてしまうからでしょう。無意識のうちに、娘の結婚をイメージしてしまうのです。眞子さまと同世代の方は、宮家と結婚するわけではないので、自分の世界からは遠い問題として捉えているのかもしれません。その点、子どもをもつ親の世代の方が、相手についてリアリティがあるのです。世の母親は、『もし、自分の娘が好きになった人が小室圭さんのような人だったら…』と、眞子さまに自分の娘を投影してしまうのでしょう。結婚生活は、いつも穏やかな場面ばかりではありません。トラブルの時や判断を間違えた時に、『自分の正当性だけ頑なに主張してしまわないか』、『過ちを認めて反省し、関係を修復できる人だろうか』と、母親は心配してしまいます」

 池内さんはあくまで個人的な意見として、「もしも私の娘が小室さんと結婚したいと言ってきたら、明確に『NO』です」と話す。その理由はこうだ。

「20歳にして、お相手の了解もなく声を録音していたことや、結婚しようと言っておきながらいきなりアメリカに行ってしまったこと。『ありがとう』『ごめんなさい』が言えないこと。28枚にも及ぶ文書……。親としては賛成しかねる要素ばかりです。それを多くの母親世代が感じているからこそ、回答の多さにつながったのではないでしょうか」

 紀子さまの心情についても次のように推し量る。

「紀子さまに対して同情的な意見もあったと思います。紀子さまは以前、娘の気持ちを『できる限り尊重したい』と仰った。『できる限り』ということは、条件付きです。できないこともあるという意味であり、母親としては切ない心情ですよね」

 池内さんは最後に、こう懸念を口にした。

「将来、悠仁さまが天皇陛下になる可能性が高い。眞子さまと小室さんが結婚したならば、小室さんは将来の陛下の義理の兄になるわけです。そのことも含めて、大丈夫かなと心配になります。本当の問題は、元婚約者から受けとったお金が借金か否かではなく、小室さんと彼の母親の考え方やふるまい、個人としての姿勢の問題だとみています。とても悲しいことですが、4万人近くのご夫婦を見てきた経験から、あまり良い予感がしません。ご結婚後の方が問題山積になると危惧します」

(聞き手/AERAdot.編集部 飯塚大和)

このニュースに関するつぶやき

  • 結婚強行→A家に批判→JK后の力で「何故天皇は結婚を止めなかったのか」という天皇家批判に変えられ、皇后陛下が体調を崩され御一家生前退位→A家即位…という最悪の流れになりそう。
    • イイネ!1
    • コメント 2件
  • 性格が顔に出ていますよね。小室親子。
    • イイネ!24
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

前日のランキングへ

ニュース設定