生放送の達人・垣花正アナ、ももクロにラジオの極意伝授 「100点満点の乱入は…」

0

2021年04月17日 11:01  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

16日放送の『ももクロちゃんと!』(テレビ朝日系)に、フリーアナウンサーの垣花正が出演。ももいろクローバーZメンバーに、再ブーム到来の兆しがあるラジオ生放流の極意を伝えた。

■生放送のハプニングは大歓迎

ラジオの生放送にはつきものでもある突然のゲスト乱入だが、じつはパーソナリティー側にとってもありがたいことなのだと言う。 垣花によると、笑福亭鶴瓶は通りかかった知り合いをラジオブースに引き込みたいために、わざわざ全面ガラス張りのスタジオを選んでいるのだとか。

鶴瓶がスタジオから廊下のタレントに手を振っているのは、「入ってこい!」という合図だ。 そのとき乱入する側は、自分から「帰ります」と言ってはならず、パーソナリティーに「帰ってくれ」と言われるまで、番組をかき回さなければならない。

パーソナリティーに「帰ってくれ」と言わせたら、その乱入は100点だと断言した。

関連記事:和田アキ子、二階幹事長に「夜道に気をつけて」と怒り 五輪開催にも苦言

■フリートークはありのまま

つづいてフリートークだが、ももクロのようにファンがいて、パーソナリティーのことを何でも知りたいリスナーなら、基本的に何を言ってもかまわない。 正直な感想を言えば言うほど喜ばれて、しかも、オチをつけないといけないプレッシャーから解放される。

最後は「あなたはどう思いますか?」の一言でしめれば、リスナーは自分に問いかけられたと思い、反応メールも増えて一石二鳥とのことだ。

■週刊誌記者は「生放送の達人」

垣花正の現状をよく知る週刊誌記者は 「垣花正はラジオでは月曜から木曜まで3時間半『あなたとハッピー』(ニッポン放送)、土曜は『アッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)と生放送をこなしています。4月からはさらに『5時に夢中』(TOKYO MX)のMCになったので、合わせて週30時間以上も生放送をこなしています。まさに生放送の達人ですね」と語る。

『高城れにの週末ももクロパンチ!!』(文化放送)で、単独でパーソナリティーを務める高城は垣花が伝えるテクニックに感心しきり。「今日からすぐ使える」と喜んでいた。

・合わせて読みたい→和田アキ子の待ち合わせ行動が「困る」 垣花正の告白に驚き広がる

(文/しらべぇ編集部・つぼしまけんご

    ニュース設定