「最近はバーボン一筋でね」アニメ『名探偵コナン』第R115話、沖矢昴に扮する赤井秀一の台詞に思わずドキドキ!?

0

2021年04月17日 12:11  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『名探偵コナン』98巻(青山剛昌/小学館)
『名探偵コナン』98巻(青山剛昌/小学館)

 2021年4月10日(土)に放送されたアニメ『名探偵コナン』第R115話(デジタルリマスター版)。赤井秀一の“ある発言”を巡り、ネット上では「愛の告白に聞こえるのは私だけ?」「スコッチの一件を思うと素直に喜べない」といった様々な反響が相次いだ。

【最新号レポ】「ホント五条先生何やってるのwww」獄門疆解放のキーアイテムが判明するものの…?/ジャンプ19号『呪術廻戦』

 今回のエピソードでは安室透が睨んだ通り、沖矢昴の正体がFBI捜査官・赤井秀一であることが明らかに。ただし安室の目の前にいる沖矢は工藤新一の父・優作がなりすました偽物で、全ては安室に沖矢の正体がバレぬようコナンが企てた作戦であった。

 後日赤井本人を含むFBI捜査官たちが工藤邸に集まるものの、話題の渦中にあるのはまさにその時の場面。ふとFBI捜査官・キャメルが「あれ? ないじゃないですか、スコッチ」「赤井さんウイスキー党で、バーボンと同じくらいスコッチも好きだったのに…」と投げかけると、赤井から「最近はバーボン一筋でね」と返ってきたのだ。

 バーボンといえば、言わずと知れた安室のコードネーム。赤井自身はただ単純に“ウイスキーのバーボン”を指していただけかもしれないが、一部の視聴者たちからは「赤井さんの“バーボン一筋”が意味深に聞こえてしまう」「完全にこちらを喜ばせにきてるwww」などと興奮の声が。しかしその一方では組織にスパイとして潜入していたスコッチの死を踏まえて、「スコッチを助けられなかった自責の念から今はバーボン一筋と解釈するとちょっと切ないね」と考える人も少なくはないようだ。

 発言1つでファンをここまで翻弄するとは、さすが赤井秀一である。

アニメ『名探偵コナン』
放送日時:毎週土曜 18:00〜
原作:青山剛昌
監督:山本泰一郎

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定