パラ採火、決定過程を陳謝=やまゆり園で計画―相模原市長

106

2021年04月17日 15:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真本村賢太郎相模原市長
本村賢太郎相模原市長
 本村賢太郎相模原市長は17日、2016年に入所者らの殺傷事件が起きた障害者施設「津久井やまゆり園」(同市)で今夏のパラリンピック聖火を採火する方針について、「事前に家族や遺族に相談しなかった点は、本当におわびをしないといけない」と述べた。同日市が開いた新型コロナウイルス対策本部会議の後、取材に応じた。

 市は3月、園で8月15日に採火する方針を発表。方針は昨年10月に市役所内部で決めたが、事前に被害者家族らに説明しておらず、家族らは計画中止を市に要請している。

 本村氏は今後の対応について「県や園の運営法人と相談し、遺族、家族会の皆さんにも考えを聴いてみたい。総合的に勘案して結論を出していきたい」と述べた。 

このニュースに関するつぶやき

  • 東京五輪「予定通り開催すべき」は9%(毎日新聞世論調査)〜五輪「スポンサー客」の入国 海外客断念でも譲らぬIOC〜 https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1978773564&owner_id=67611045
    • イイネ!12
    • コメント 0件
  • 大量殺人の現場ですからね。
    • イイネ!64
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(76件)

ニュース設定