中日連敗ストップ!福留が先制打含む2安打1打点「チームの力になれるよう」

20

2021年04月17日 17:40  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真中日・福留孝介 (C)Kyodo News
中日・福留孝介 (C)Kyodo News
○ 中日 5 − 0 広島 ●
<5回戦・バンテリンドーム>

 中日は連敗を4でストップ。先発の柳が8回無失点14奪三振の好投で今季初勝利(1敗)を挙げ、打っては「3番・右翼」でスタメン出場した福留が、先制打を含む2安打1打点と勝負強さを見せた。

 中日は広島先発・九里の前に3回まで無安打。それでも0−0で迎えた4回、1番・大島の右前打、続く京田の犠打で一死二塁の好機を作り、福留が先制となる適時二塁打を右翼線へ運んだ。福留は8回にも、ダメ押し点につながる中前打で出塁。二死二塁だった6回の第3打席は一直に倒れてたが、ここでも鋭い当たりを放ちベテラン健在を印象づけた。

 7回は一死満塁の好機で、8番・根尾が2点適時二塁打を右翼線へ。8回は6番・三ツ俣が右翼フェンス直撃の2点適時二塁打を放ち5−0とリードを広げた。

 先発の柳は立ち上がり不安定だったが、初回と3回のピンチを凌ぎ尻上がりの内容。中盤以降は安定感抜群の投球で8回116球、6安打無失点と力投した。三振数は毎回で自己最多となる14奪三振。5点リードの9回は、今季2度目の登板となったR.マルティネスがパーフェクト救援で締めた。

 お立ち台には勝利投手の柳と決勝打の福留が上がり、43歳のベテランは「柳が頑張っていたし、1・2番がいい形で回してくれた。先制点が取れて(二塁ベース上でのガッツポーズは)気持ちが出ました」と振り返った。復帰後初めてスタメン3番に入り、改めて勝負強さを見せた背番号9。「何とかチームの力になれるよう、チームが上に行けるように頑張ります」と力を込めた。

このニュースに関するつぶやき

  • 勝った試合では根尾がけっこう打っている印象。勝ち試合が少ないから根尾の打率も低いけど。そして、根尾も福留も三ツ俣も打席で気持ちが入っているように見えるのがいい。
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • 福留孝介にはやっぱりドラゴンズブルーのユニフォームがよく似合う。
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

ニュース設定