“矢野対策”3バックで栃木を完封! 千葉DFチャン ミンギュ「安定した守備はできた」

0

2021年04月17日 17:52  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真[写真]=鈴木颯太朗
[写真]=鈴木颯太朗
 今季ホーム初勝利を目指したジェフユナイテッド千葉、栃木SCを迎えた一戦はスコアレスドローとなった。千葉を率いる尹晶煥監督は「ここまでホームで勝ちがない状況で、いろいろな準備をしてきましたが、勝ち点3を取れずもどかしい気持ちです」とドロー決着を悔やんだ。

 この試合で千葉は『3-4-2-1』の布陣を採用。最終ラインは右から岡野洵、チャン ミンギュ、そして主将の鈴木大輔という並びで臨んだ。スタートからの3バック採用について、尹監督は「栃木は矢野貴章選手を生かしたロングボールが多い。そこで押されてはいけないし、後ろを3枚にして守備を手厚くすること。前線は3人の選手を置いて、守備をしながら攻撃に出る。そういった意図があった」と説明した。特に後半は栃木がロングボールやセットプレーで千葉ゴールに迫るも、集中した対応を見せ無失点で切り抜けた。3バックの中央に入ったチャン ミンギュは「長い時間のトレーニングは積めなかったが、その中でも安定した守備はできた思う」と一定の手応えを口にした。

 前節のツエーゲン金沢戦に続き2試合連続のクリーンシートを記録するも、この試合は最後までネットを揺らすことができなかった。尹監督は「守備は安定してきているが、攻撃は修正しないといけない」と言及。ここまで全試合で先発しているボランチの小島秀仁は「まずは無失点でゲームを進めること。あとは自分のところでの攻撃のタクト、クオリティを上げていかないといけない。守備は全員で頑張っているので、ボランチの僕がどう攻撃陣を生かすか」とコメントした。
    ニュース設定