37日間で4回も結婚した銀行員が職場と激突 「有給休暇を取りたかった」

3

2021年04月18日 04:51  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(SAND555/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)
(SAND555/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)
(SAND555/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

望むように休むことが、なかなか難しいのが仕事。そこである男性は結婚を機に思い切った行動に出たが、それが原因で職場ともめてしまったことを、『LADbible』など海外メディアが報じている。

■結婚・離婚を連発

台湾・台北市の銀行で働くある男性が、昨年4月に愛する女性と夫婦になった。「結婚後8日間は有給休暇を取れる」とするルールがあることから、男性はさっそくそれを申請することに。銀行も認め、男性はおおいに喜んだ。

だが同男性は、休暇が終わるといきなり離婚と結婚を連発。わずか37日の間に同じ女性と四度も結婚し、計32日間の有給休暇を要求したのだという。

関連記事:ラファエル、育休取得宣言し「2代目ラファエル」募集 審査ポイントは…

■職場と激突

銀行はこのハチャメチャな要求に驚き、「これは怪しい」と判断した。そこで二度目の申請以降は有給休暇を認めず、「うまくいった」と考えていた男性を怒らせた。

同男性は銀行側が折れないことに腹を立て、台北市の労働局に相談。当局はすぐに調査を始め、昨年秋には意外な判断で銀行を驚かせた。

■当局の意外な判断

労働局は、なんと銀行に非があるとして罰金の支払いを命令。銀行側はこれに驚き「結婚休暇の濫用です」「正当な申請ではありません」と猛反発したが、当局は今月に入り判断にミスはないとの考えを示した。

そう判断した理由は、「男性の行動は倫理的とはいえないが、違法ではない」「有給で結婚休暇を取る権利はあった」というものだった。

これについて報じられて以降、「そんなにイヤな仕事なら辞めてしまえばいいのに」「休みたいからといってバツ3になるとは…」という驚きの声があがっている。

■「仕事が嫌い」が4割以上

しらべぇ編集部が全国20〜60代の有職者の男女795名を対象に調査した結果、全体の43.6%が「仕事が嫌いだ」と回答した。

できることなら休みたい。しかも有給で…。そう望み突拍子もない行動に出た男性は、銀行とおおいにもめた。法的な問題はなかったとはいえ、これからも同じ職場で働くのだとすれば、同僚や上司とうまく付き合っていけるのかが心配だ。

・合わせて読みたい→古坂大魔王が育児休暇を取る理由 「2週間と短いし意味もないかもしれないが…」

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日〜2018年10月22日
対象:全国20代〜60代有職者の男女795名(有効回答数)

このニュースに関するつぶやき

  • まあ契約上は間違ってないのかもだけど…次からは1回のみと記載されるのかな?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 法律の穴。日本も離婚後半年は結婚できないと言うが、同じ人はさとならその限りではなかったはず。とりあえず、この男は馬鹿。恥を知るべき https://mixi.at/a6KOs5J
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定