コロナで退職を決意した女性「年収200万円以上減、それなのに毎日4時間以上サービス残業。今後この業界が復活しても厳しい」

0

2021年04月18日 08:10  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

新型コロナウイルスの大流行は、人々の生活スタイルや衛生観念だけでなく、"働き方"にも少なからず影響を与えているようだ。キャリコネニュースには、コロナ禍をきっかけに退職を決意した人たちからの声が寄せられている。

福岡県の30代男性(サービス系/設備・交通・運輸/契約社員)は、

「コロナ対策を含め、表面上だけの働き方改革で何も変わらない」

と会社への不満を吐露。現在、会社を辞めることも視野に入れているという。ほかのキャリコネニュース読者の声も見てみよう。(文:大渕ともみ)

営業日半減でも業務量変わらず「毎日4時間以上サービス残業」

「コロナで営業日を半分に減らされました。出社人数も通常時の3分の1ほどに」と語るのは、サービス業界で働く30代女性(広島県/正社員/営業)だ。それでも業務量は以前と変わらないため、毎日4時間以上もサービス残業をしているという。女性は「会社のためではなく同僚のため、少しでも処理をしようと頑張っています」と語る。

「それにもかかわらず、会社は残業代もボーナスも全額カットしてきました。年収が200万円以上減って、出社のたびにサービス残業をして、お客さんにはイヤミ言われ、上司にはパワハラされ。もし今後この業界が復活しても、数年間は残業代すら出ないでしょうし」

コロナ禍をきっかけに、会社への不信感を拭えなくなった女性は「退職を決意しました」と告げる。たしかに、従業員を犠牲にしてまで、自社の存続を優先するような企業には未来がないかもしれない。女性は「バカバカしくなったんです。『時は金なり』と言いますし、『自分の命を削ってまで、そういう働き方をしなくてもいい』と自分に言い聞かせています」と胸中を明かした。

「大切にしたいこと、優先したいことが仕事ではなくなった」

三重県の40代女性(医療/正職員)は、このコロナ禍で「自分の時間の過ごし方を見直し、退職を決めた」と打ち明ける。一体どのような心境の変化があったのか。女性は「大切にしたいこと、優先したいことが仕事ではなくなった」と思いを綴る。

「今の会社では、前残業・後残業が当たり前。有給取得も言い出しにくい。それに、こちらの意思とは無関係に、会社にとって都合のいい異動や業務を強いられるから」

女性のなかで少しずつ積み重なっていた会社への不満が、今になって噴出した結果とみえる。

この不安定なご時世、急に退職を思い立ち実行に移す人は、なかなかいないだろう。日頃から会社に対する不信感や不満をため込んでいた社員が、有事の際に次々と辞めていくだけに過ぎない。コロナ禍で人材の流出が止まらない企業は、これを機に労働環境を真剣に見直したほうがいいだろう。

※キャリコネニュースでは引き続き
「新型コロナで退職を決意した人」のほか「電話対応が苦手な人、苦手だった人」や【緊急アンケート】「努力は必ず報われる」?などのアンケートを募集しています。

    前日のランキングへ

    ニュース設定