実家で旧日本軍の拳銃発見 警察に届け出た結果「やっぱこれか」

1

2021年04月18日 09:01  おたくま経済新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたくま経済新聞

写真実家で旧日本軍の拳銃発見 警察に届け出た結果「やっぱこれか」
実家で旧日本軍の拳銃発見 警察に届け出た結果「やっぱこれか」

 終戦から75年以上が経過し、戦争の記憶が薄れていくという課題に直面している現在。しかし、ちょっとした偶然で時計の針が巻き戻されることもあります。とあるお宅から旧日本軍の拳銃が見つかり、警察に届けるまでの顛末がTwitterで注目を集めました。


【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】


 自身のTwitterに「ワイの自宅(実家)から戦前の拳銃が出てきた」と衝撃的な報告を投稿したのは、福岡県に住む「でみすけ」さん。ツイートには、油紙に包まれ発見された拳銃の写真も添付されていました。


 でみすけさんの実家から発見されたのは、旧日本陸軍の下士官兵用として支給されていた十四年式拳銃。南部麒次郎が明治35(1902)年に設計した「南部式大型自動拳銃」をもとに改良し、大正14(1925)年に制式採用されたもので、終戦まで一般の下士官兵が使用していました。


 十四年式拳銃はトリガーガード(用心金)形状の違いで、大きく前期型と後期型に便宜上分けられるのですが、でみすけさんの実家から見つかったものは、トリガーガード前方が大きく前方に膨らんでいるので、昭和13(1938)年に手袋をしていてもトリガーに指をかけやすいよう改良された後期型であることが分かります。またトリガーガードの肉厚が薄く、変形していることから、戦争末期における資材不足の状況下で生産された個体の可能性が高そうです。


 通常なら装着されている木製のグリップは、固定ネジごと失われています。油紙に包まれて保管されていたこと、そして外見が大きく錆びていないことから、木が腐って脱落したのではなく、保管され始めた時点からすでに失われていたと見るべきでしょう。機関部後方のツマミも、同様に失われているようです。


 でみすけさんに話をうかがってみると、おじいさまは大正15(1926)年生まれ。年齢的にギリギリ徴兵されたり、少年兵として志願し従軍した世代ですが、でみすけさんは「戦争に行った話を祖父から聞いたことがない」とのことなので、おそらく従軍経験はないと見て良さそうです。ただ、おじいさまの兄(でみすけさんの大伯父)に当たる方は戦争に従軍し、亡くなられているとのこと。


 また、でみすけさんのご実家の近くには、当時東洋一の規模とうたわれた旧陸軍の飛行場(陸軍飛行学校も併設)があり、現在はビール工場などになっています。このため、でみすけさんのおじいさまが兄の遺品として大事にしていたか、陸軍飛行場関連の放棄品を戦時中に入手したかのどちらかと考えられそうです。


 拳銃を発見したでみすけさんは、最寄りの警察署に連絡。すると刑事課の方1名を含む2名が来訪し、実物をあらためたといいます。


 実物を見るなり「やっぱこれか」と声を漏らしたのが印象的だった、とでみすけさん。それもそのはず、実はこのような旧日本軍の拳銃は遺品として保管されている例が多く、これら「遺品拳銃」は現在でも全国で年間100挺ほどが見つかり、警察に届けられているのです。


 でみすけさんの場合、来訪した警察官が発見場所の検証を実施したのち、発見した拳銃の来歴に繋がる手がかりがないか、家族の名前や生年月日などを聞かれたとのこと。銃を引き取ってもらう際には、拾得物(自分が保管したものでなければ、自宅から出てきても「拾得物」という扱いになる)を引き渡す旨の書類にサインし、警察署に持ち帰ってもらったそうです。


 当時は適正に所持できていたものの、終戦時に国や自治体が把握できず、回収されなかった「遺品拳銃」は、戦後長い年月が経過し、保管していた方が高齢化したり亡くなったりして、より存在が分かりにくくなりました。現在は古い家や蔵を取り壊す時、または遺品の整理をする際に偶然発見されるケースが増えているといいます。


 もし、このようなものが見つかった場合は、でみすけさんのように最寄りの警察署に必ず連絡し、引き取りを依頼してください。どのような状態で保管されていたかが分からないため、下手にいじると薬室内に実包が入っていた場合、暴発の危険があります。


 銃器は殺傷能力があるだけに、適切に管理されていないものは非常に危険。なるべく動かさないようにするのが大切です。


 また、玩具であるエアソフトガンについても、2007(平成19)年の銃刀法改正により、発射時に約0.98ジュールを超える威力を持つエアソフトガンが「準空気銃」とされ、無許可での所持が禁止されています。業界団体が最大0.8ジュール以下、という自主規制値を設定した1996(平成8)年以前に製造・販売された商品の中には、この制限値を超えているものがあるので、こちらも警察に届け出るようにしてください。



※見つかった拳銃の来歴に関し、発見者のおじいさまについて、説明を追記しました。


<記事化協力>
でみすけさん(@demiske_RN46J)
<参考>
警視庁 遺品拳銃について
埼玉県警察 旧軍用拳銃回収のお願い


(咲村珠樹)


このニュースに関するつぶやき

  • 用心金の前方は膨らんでいないように見えるのですが?
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定