何か新しいことを始めるなら、周囲のリアクションよりも自分を喜ばせることを しいたけ.さんがアドバイス

0

2021年04月18日 11:30  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真占い師、作家 しいたけ.
占い師、作家 しいたけ.
 AERAの連載「午後3時のしいたけ.相談室」では、話題の占い師であり作家のしいたけ.さんが読者からの相談に回答。しいたけ.さんの独特な語り口でアドバイスをお届けします。

*  *  *
Q:難航した転職活動を終え、4月から働けることになりました。仕事と生活のバランスをとるために、私生活でも今後の人生に繋がる何かを始めたいと思っていますが、人に交じるのが億劫になっています。いよいよ社会とか人のために、とにかくでけえことしたいです。新しく始めることをどう見つけたらよいでしょうか。えいやと飛び込む勇気もほしいです。(男性/今春から社会人/27歳/うお座)

A:いま、人と会うことのリハビリ中みたいな人が多いと思います。僕も久々に人と会っておしゃべりをすることがあって、すごく楽しかったけど疲れました。他人と会ってリアクションするのは、結構エネルギーを使います。急激にペースを上げるのではなく徐々にやっていきたいですよね。

 さて、本題です。何か新しい世界を開きたいと思う、そういうタイミングって年齢に関係なくあるもの。自分の世界を広げたいときに第一歩として何をするのがいいか。僕はその目的と手段を見定めるのがいいと思っています。

 例えば「自分はとにかく人を笑顔にするのが好き」なら、一つの目的になります。そのための手段として、例えば週末にボランティアをするとか、仕事場以外で人と会う手段を見つけていく。結果としていろいろな頼まれごとをして、社会的にも自分の自信としても大きい存在になっていったりする。自分がやることが「でかいこと」になるかどうかは、運の要素もありますが、まずは自分の目的を設定するのが大事だと思います。何をしているときが一番癒やされるのか。すぐに結果に結びつけるんじゃなく、「とりあえずやってみよう」から始めてみてもいいと思うんです。

 ただ、そこで気をつけたいのがYouTubeの存在です。

 僕もキャンプや釣りをしようと思っているんですが、そういうYouTubeを見て満足してしまうことがある。まるで自分がやっているみたいな気分になれる素晴らしい動画が多いからこそ、途中で止めるようにしています。「続きは自分で」と自分に言い聞かせて。見過ぎて満足してしまうと「時間もないし行かなくていいかな」ってなってくる。それじゃダメなんです。

 実際に火をおこさなければ火おこしの難しさはわかりません。いきなりメインディッシュが出てきちゃうのは、気楽なんだけど味気ない。摂取量に気をつけないと、頭だけが膨れていって体を使った経験値が増えていきません。

 どの年齢になっても初心者の領域を持っておくこと、やったことがないことをやってみることは、自分を大きくしてくれる大事な要素です。

 うお座は、ライブ会場を満員にするとか、その花道を歩くシーンに対してすごく血が騒ぐ人たち。それは素敵なことなのですが、弱点として周囲から「すごい」というリアクションが返ってこないとすぐやめてしまうことがあります。それはもったいないので、しばらくは無観客でやっていきましょう。周りではなく自分を喜ばせる目的で。

しいたけ./占い師、作家。早稲田大学大学院政治学研究科修了。哲学を研究しながら、占いを学問として勉強。「VOGUE GIRL」での連載「WEEKLY! しいたけ占い」でも人気

※AERA 2021年4月19日号

【おすすめ記事】占師のしいたけ.さん「人付き合いが苦手なやぎ座は、自分の体の好きなパーツを見つけてみて」


    前日のランキングへ

    ニュース設定