卵+●●で髪も肌もツヤツヤに?美容効果が高まる組み合わせ

1

2021年04月18日 12:10  つやプラ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代・50代の女性のための美容・健康法を発信する、美容マガジン「つやプラ」
40代・50代の女性のための美容・健康法を発信する、美容マガジン「つやプラ」

手軽に食べられて栄養価の高い「卵」を、日々食べている方も多いのではないでしょうか。実は、卵はパサつく髪や肌をうるおす効果が期待できるので、つやプラ世代の皆さんにぜひ食べていただきたい食材の1つです。

ずぼらだけど薬膳のプロである筆者が、卵と組み合わせて美髪効果アップを狙う食材をご紹介します。

■薬膳料理は誰にでも作ることができる

特別な食材や生薬が入ったものが薬膳料理とイメージされる方も多いですが、薬膳料理はスーパーにある食材で作ることができます。なぜなら、薬膳の世界では自然界でとれる全ての食材に意味があると考えるからです。

薬膳とは、ご自身の改善したいお悩みに必要な食材をピックアップして組み合わせることです。なので、食材同士の組み合わせが重要となります。

■髪のケアに卵をすすめる理由

薬膳のベースになっている中医学(中国伝統医学)では”髪は血の余り”と考えます。ですから、「血(けつ)」が少なくなると抜け毛やパサつきなどの髪のお悩みを感じやすくなる場合があります。

血とは、肌や髪に栄養とうるおいを与える物質のことです。血は食事の偏りや睡眠不足などで量が減りやすいので、血を増やす食材を摂ることが美髪へ導くキーワードとなります。

卵には、血を補う効果が期待できます。また、うるおいを補う効果も期待できますので、水分不足でパサつく髪のお悩み改善にもおすすめです。

■卵と組み合わせて美髪効果アップを狙う食材

卵と組み合わせることで、さらに美肌や美髪に導く食材があります。

特に、別名”アンチエイジングの臓腑”と呼ばれる「腎(じん)」という臓腑の働きを高めることも美髪をキープするために欠かせません。なので、腎の働きを高める食材を卵と一緒に組み合わせると良いでしょう

卵+わかめ+キャベツの味噌汁

出汁に千切りしたキャベツと生のわかめを入れて加熱させます。味噌を入れてひと煮立ちさせ、最後に溶き卵を入れたら完成です。

いつもの味噌汁も、具材を変えるだけで美髪に導く味噌汁になります。わかめとキャベツは腎を労わる食材で、卵は血を補います

豚ひき肉+卵+ほうれん草の3食丼

ほうれん草を茹でておき、みじん切りにした生姜と豚ひき肉を炒めます。ホカホカのいり卵の上に、先ほどの3つの食材をのせたら完成です。

白米は、血を補い腎の働きをアップさせるために欠かせない食材です。一緒に食べることで効果アップが狙えます。

卵+山芋+のり+黒ゴマの卵焼き

解きほぐした卵に山芋のすりおろしとを黒ゴマを入れ、のりと一緒に巻いて焼くだけです。

山芋と黒い食材には腎の働きを高める効果が期待できますので、ぜひいつもの卵焼きにプラスしてみてください。簡単ながら、美髪に導く一品が完成します。

普段からよく食べる卵が髪や肌のケアに良いというのは嬉しいですよね。今回ご紹介した効果的な組み合わせを意識して卵料理をコツコツといただき、美髪&美肌を育みましょう。

(薬膳ライフバランスプランナー/国際薬膳調理師/コラムニスト 倉口 ゆうみ)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定