紅しょうがの天ぷら、サラダ寒天…森井ユカ厳選“お惣菜”にホラン千秋「口のなかが洪水になっています(苦笑)」

0

2021年04月18日 12:40  TOKYO FM +

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TOKYO FM +

写真紅しょうがの天ぷら、サラダ寒天…森井ユカ厳選“お惣菜”にホラン千秋「口のなかが洪水になっています(苦笑)」
紅しょうがの天ぷら、サラダ寒天…森井ユカ厳選“お惣菜”にホラン千秋「口のなかが洪水になっています(苦笑)」
ホラン千秋がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの新番組「apollostation Drive Discovery PRESS」。番組では、“ラジオの中の編集部”を舞台にホランが編集長、リスナーが番組専属特派員となり、全国の食べ物やさまざまな場所にスポットを当て、日本の魅力を再発見していきます。4月18日(日)の放送では、前回に引き続き、特派員ゲストに森井ユカさんを迎えてお届けしました。


(左から)ホラン千秋、森井ユカさん



◆“スーパーディナー”のお惣菜ベスト3
前回は、日本全国のご当地スーパーをめぐるようになったきっかけや、そこで買ったお惣菜を自分で盛りつけてデザインする“スーパーディナー”の魅力や極意について語ってくれた森井さん。この日は、これまで47都道府県のご当地スーパーをめぐってきたなかで出会った“スーパーディナー”のお惣菜ベスト3を教えてもらいました。

森井さんは、「何百もあるなかから選ぶのは、非常に難しい……」と頭を悩ませつつも「とても楽しい感じで悩ませていただきました」と笑顔をのぞかせます。

今回は、ルックスがよりユニークなお惣菜のなかから厳選した3品を紹介!

まず1つ目は、徳島県にある小さな港町、牟岐町(むぎちょう)の「アジの押し寿司」。その写真を見たホランは「これ、アジの開きがそのまま乗っかっている!」とビックリ。とはいえ、森井さんによると「小アジなので、6〜7cmでとても小さいんです」とサイズ感を説明し、「小アジを開いて、お酢で7〜8時間しめると身全体がやわらかくなり、尻尾から頭まで全部、パクっと食べられる」と感想を口にします。

また牟岐町では、あらゆる食べ物に柚子を使うそうで「ごはんに、お酢よりも柚子(の果汁)のほうが多いんじゃないかと思うぐらい、ものすごい柚子のいい香りがする酢飯です。そこに開いた小さなアジが乗っています。アジが銀色にキラキラしていて、お惣菜売り場にズラ〜っと並んでいる姿は本当に美しいです(笑)」と話します。また味も、柚子との相性も抜群だそうで「アジの魚としてのコクがあって美味しい」と絶賛。港町ならではの鮮度の違いに驚かされたと振り返りました。

2つ目は、大阪府の「紅しょうがの天ぷら」。そう聞くと刻んだ紅しょうがをイメージしがちですが、「刻んだものではなくて、手のひらぐらいのサイズをペランと薄く1枚切り出して、それを串に刺して衣をつけて揚げたもの」と説明します。

大阪ではとても定番のお惣菜だそうで、「薄く切っているので食感はすごく軽いです。しっかりと紅しょうがの味がするので、なにもかけずに食べます。(地元では)おやつとして食べる方もいると聞きましたけど、私はおかずとして食べています」と森井さん。

これにホランが「これは美味しそう! (すでに)口のなかが洪水になっています(苦笑)」と反応すると、森井さんは「これは本当に美味しかったです!」と太鼓判を押します。大阪では、どのスーパーにも陳列されているものの、人気があるためすぐに売り切れてしまうそう。

そして3つ目は、秋田県の「サラダ寒天」。これはその名の通り、サラダを寒天で固めたもの。「サラダと言っても、フレンチのゼリー寄せは、わりと素材が見えていて色合いも美しくまとまっていますけど、サラダ寒天は大胆な感じです。ポテトサラダに寒天を入れて固めていて、お砂糖も入っています」と説明すると、写真を見たホランは「アイスの『白くま』(丸永製菓)のような感じですね! (見た目は)真っ白で、ちょっとキュウリが見えていて(笑)」と驚きが隠せない様子。

森井さんによると、その味わいはかなり甘いそうで「ポテトサラダの味もするんですけど、甘いので“あれ!? これって、おかずだっけ? おやつなんだっけ?”って一瞬戸惑う感じ。秋田では正真正銘のおかずで、ごはんのときに出てきますね」と話します。ちなみに秋田では、サラダだけでなく「そうめん、海藻、豆の五目煮など、なんでも(寒天で)固めています」とプチ情報も。

そんな独特の文化がなぜあるのか、興味の湧いた森井さんは、「調べてみたんですけど、秋田は寒天の名産地というわけではないんですよ。いろいろな方に聞いた意見をまとめると、寒冷地なので日持ちする寒天が重宝され、バリエーションのために(いろいろな食材を)使うようになった。あと、お菓子の文化が旺盛で、秋田はおやつを食べる習慣がより大切にされているらしいです。寒天を使ったお茶菓子も多いので、その流れで寒天を一般的によく使うと聞きました」と解説してくれました。

肝心の味はというと、その甘さゆえに最初は戸惑うも「美味しいですし、(すぐに)馴染みます。しかも、スーパーにはサラダ寒天だけじゃなく、いろいろな寒天料理が並んでいて、これがまた美しいです(笑)。初めて(その光景を)見たときは“今日は特別な日なのかな!?”と思うぐらいでした」とその魅力を語ります。

森井さんのベスト3を聞いたホランは、「みなさんにとって、なにが馴染みのある定番のお惣菜なのかは、やっぱり(その土地に)行ってみないとわからないですよね」と感想を口にすると、「それが一番の醍醐味ですよね」と森井さん。

あらためて、ご当地スーパーのお惣菜の魅力について「日持ちをしないものが多いので、こちらから会いに行かないと出会えない。宝物を探し当てたような気持ちになれるところですね。本当にささやかなことですけど、満足感は深いです」と話していました。

次回4月25日(日)の放送も、どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年4月26日(月) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:apollostation Drive Discovery PRESS
放送日時:毎週日曜 12:00〜12:25
パーソナリティ:ホラン千秋
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/discovery/
動画・画像が表示されない場合はこちら

    前日のランキングへ

    ニュース設定