不倫した芸能人が騒動をネタにすることにモヤモヤ 30代女性は4割も

4

2021年04月18日 14:11  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

不倫スキャンダルを起こした芸能人が、後になってテレビなどでネタにすることがある。その行為に対して、批判的に思っている視聴者もいるようだ。

画像をもっと見る

■4割が「不倫ネタにモヤモヤ」

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,733名を対象に調査したところ、全体の35.7%が「不倫していた芸能人が、その後に騒動をネタにすることにモヤモヤする」と回答した。

関連記事:『バイキング』不倫騒動後も売れる芸能人の特徴 謝罪会見が吉と出たのは…

■もうテレビで観たくない

性年代別では、すべての年代で女性の割合が高くなっている。

不倫した芸能人は、テレビで観たくないと考えている人も多いようだ。

「不倫はイメージが悪いので、そのようなことをする人はできることならテレビで観たくない。それなのにテレビ局は平気で起用して、本人もネタにしているところが腹立たしい」(30代・女性)

「自分も結婚しているからか、不倫に対してはどうしても厳しくなる。基本的に不倫スキャンダルを起こした人では笑えないし、ましてやそれをネタにするのは最悪だと思う」(30代・女性)

■ネタにするしかない

テレビに戻るには、不倫をネタにする選択しかないとの意見も。

「スキャンダルを起こした芸能人がテレビに戻るには、ネタにするしかないのだと思う。そう考えれば不倫してもネタにしやすい、お笑い芸人は有利かもしれない」(40代・男性)

本人のキャラによっても、見方が変わるようだ。

「不倫スキャンダルを起こしてもネタにしてテレビに出続ける人もいれば、一気に姿を消すパターンもある。クリーンなキャラで売っていた人は、ネタにしにくい」(20代・男性)

■おもしろければネタにしても

おもしろければ、不倫をネタにしてもいいと考えている人もいる。

「個人的にはおもしろければ、不倫をネタにしてもかまわないと思っている。どんな状況であろうとも、人を楽しませるのが芸能人の役割なので」(40代・男性)

「バラエティタレントは、プライベートをおもしろおかしく話すのが仕事だと思う。そんな人たちは不倫がバレても、それを笑いに変える力くらいは持っていてほしい」(50代・男性)

芸能界で生き残るためには、自身のスキャンダルを笑いに変える力も必要なのかもしれない。

・合わせて読みたい→60代男性の6割が不倫会見に疑問 「関係者にだけ謝ればいい」との声も

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年10月28日〜2019年10月30日
対象:全国10代〜60代の男女1,733名(有効回答数)

このニュースに関するつぶやき

  • そもそも当人同士の問題を周りが騒ぐ方が理解出来ない。クスリは復帰できるけど不倫は追放ってどんな基準よ
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 不倫は後進国の文化みたいなのがあったり、韓国みたいに産業頑張らないと…という中で、性的恋愛もあるが大体は自分が社会的に認められてある、応援するみたいな褒美を求める人がやる。 日本もそうゆう環境にいればそうゆう人もいるっみたいな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定