オリックス、9回ヒギンス大乱調で4連敗… 宮城3勝目の権利も逃げ切り失敗

21

2021年04月18日 16:24  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真開幕カード2戦目で先発勝利を挙げた宮城大弥
開幕カード2戦目で先発勝利を挙げた宮城大弥
● オリックス 2 − 3 ロッテ ○
<6回戦・京セラドーム大阪>

 オリックスが5日ぶりの勝利目前で投壊。宮城大弥は7回途中1失点で無傷の3連勝かと思われたが、9回にヒギンスが自滅し逆転負け。引き分けを挟んで4連敗となった。

 オリックスは相手先発のルーキー左腕・鈴木昭汰の前に3回まで無得点だったが、1点ビハインドの4回に5番・杉本裕太郎が「うまく粘って打つことが出来た」と6試合連続安打となる左前適時打で同点に。1−1の6回は二死一塁から4番・ジョーンズが左翼フェンス直撃打を放ち、一走・安達了一が一気に勝ち越しのホームに生還した。

 宮城は3回二死走者なしから1番・荻野貴司に右安打で出塁を許すと、続くマーティンの打席で二盗を決められ、直後の右線適時打で失点。それでも6回2/3(114球)を投げて4安打3四死球1失点と打線の援護を呼び込む好投で、勝利投手の権利を手に降板。

 7回二死二塁のピンチは比嘉幹貴が好救援で切り抜け、8回は富山凌雅が三者連続三振の完璧リリーフ。勝利へのカウントダウンでヒギンスへとつないだ。

しかし、9回を託された右腕がまさかの4四球と大乱調。連続四球と犠打であっさり一死二三塁の状況を作られると、代打・菅野剛士は一飛に打ち取ったものの、9番・岡大海に三遊間最深部へ適時内野安打を打たれ同点。さらに荻野とマーティンに連続四球の押し出しで決勝点を献上した。

 ロッテはドラ1左腕の鈴木昭汰を援護できず敗色濃厚かと思われた展開から粘りの逆転勝利。1点リードの9回裏は守護神の益田直也が今季3セーブ目で締め、8回を無失点に抑えた3番手・佐々木千隼が自身2シーズンぶりの白星を手にした。

このニュースに関するつぶやき

  • 1997年から1999年の巨人よりひどい
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 宮城投手の緩急を上手く使ったピッチングに、苦戦したロッテでしたが、鈴木投手が2失点に抑えてくれたことが、逆転につながったと思う���åɡʾ�����������マーティン、岡の活躍を讃えます�Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • イイネ!7
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(15件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定