阪神にアクシデント 正捕手・梅野が投球を右手親指付近に受け負傷交代

11

2021年04月18日 17:10  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真阪神・梅野隆太郎 (C) Kyodo News
阪神・梅野隆太郎 (C) Kyodo News
◆ 今季は開幕から全試合「7番・捕手」でスタメン出場

 阪神の梅野隆太郎捕手(29)が18日、ヤクルト戦(甲子園)の守備中に右手親指付近を痛め、試合から退いた。

 梅野はこの日も「7番・捕手」でスタメン出場し、開幕3連勝中の先発・ガンケルを6回1失点と好リード。打っても3回、6点目となる中前適時打を放ち、チームは今季最多の7連勝へ6回まで8−1と大量リードを奪っていた。

 しかし7回、梅野は2番手・石井大とバッテリーを組み、無死一塁の場面でワンバウンドした変化球をブロック。このとき、投球が右手親指付近に当たった。梅野は治療のためベンチに下がり、そのまま坂本と交代。患部の状態が心配される。

このニュースに関するつぶやき

  • よし!これで次から捕手は坂本か原口になる!これで阪神が連敗するぞ(笑)!!!貯金を全部吐きだすぞ!!!
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • どうもありませんように。
    • イイネ!9
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(6件)

ニュース設定