“しょうがい”と“表現活動”の可能性を探る PFFグランプリ『へんしんっ!』予告完成

0

2021年04月18日 21:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『へんしんっ!』ポスタービジュアル (C)2020 Tomoya Ishida
映画『へんしんっ!』ポスタービジュアル (C)2020 Tomoya Ishida
 第42回ぴあフィルムフェスティバルPFFアワード2020にてグランプリを受賞したドキュメンタリー映画『へんしんっ!』が、6月19日より公開されることが決定。併せて予告編が公開された。

【動画】映画『へんしんっ!』予告編

 本作は、1997年生まれで、現在は「しょうがい者が創作をする過程で生まれる、身体観やしょうがい観の変化」について研究している石田智哉監督のデビュー作。

 石田監督は撮影、録音スタッフと合わせて3人で映画制作を開始。「しょうがい者の表現活動の可能性」を探ろうと、演劇や朗読で活躍する全盲の俳優・美月めぐみさん、ろう者の通訳の育成にも力を入れているパフォーマーの佐沢静枝さんなど、多様な「ちがい」を橋渡しするひとたちを訪ねて取材をしていく。

 あるとき、「対人関係でちょっと引いちゃうんです。映画でも一方的に指示する暴君にはなりたくないと思っていて…」と他のスタッフに打ち明ける石田監督。対話を重ねながら、映画のつくり方も変化していく。そして監督自身の心と体にも大きな転機が。振付家でダンサーの砂連尾理さんは、「しょうがい」を「コンテクストが違う身体」という言葉で表現。「車椅子を降りた石田くんがどんなふうに動くのかを見てみたい」と誘われて、石田監督もパフォーマーとして舞台に立つことに。とまどい、揺れながら、またあらたな表現の可能性が拓かれていく。

 こうして完成した本作は、第42回ぴあフィルムフェスティバルPFFアワード2020にて、見事グランプリを獲得。審査に関わった映画のプロからは「とにかく興奮した」「映画をつくる楽しみが、画面全体から伝わってきた」と激賞された。

 予告編は、石田監督をはじめ、ダンサー・振付家の砂連尾理さんらさまざまな登場人物たちが登場。佐沢静枝さんが「コミュニケーションが一番とりにくいのは見えない人。一生懸命手話をしても伝わらない」と語り、美月めぐみさんは「変に気を回して『テレビの話しちゃいけないんじゃないか』ていうふうに気を遣われることが多くて。目で見ることだけが『みる』じゃないんじゃないか」と疑問を投げかける。そして石田監督が、映画制作の中で葛藤したり、変化していく様子も映し出される。

 終盤では「表現活動、映画でも演劇でもダンスでも…何かを介すると、そのバリアが壊れる? 崩れる? 自分の身体を、前より少し肯定的にとらえられる…」と語る石田監督。最後は、はじまりを感じさせるモーションや効果音を用いて、「何かが変わる。」と表現した映像で締めくくられる。

 石田監督は、本作のタイトル『へんしんっ!』について「本制作をスタートから見守り、数々の励ましやアドバイスをくれた篠崎誠さんからもらった言葉です。『映画作りを通して、体と心が変わっていくこと』が切に込められたタイトルです。これ以上に作品のことを深く、そして、自分らしく語ってくれる言葉は思いつきませんでした」と語っている。

 本作は、石田監督が探究したものを表現するため、日本語字幕と音声ガイドを付けて上映。それをみんなで観ることによる気づきや発見をシェアしたいとの思いから、この形式を「バリアフリー上映」ではなく、「オープン上映」と名付けている。

 映画『へんしんっ!』は6月19日より全国順次公開。
    ニュース設定