大手芸能プロドラフト3社競合の14歳美少女、ホリプロ所属へ 令和時代のスター発掘「TGC AUDITION」開催

1

2021年04月18日 21:42  デビュー

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

デビュー

写真『DUO presents TGC AUDITION 2021』グランプリ・寺島季咲さん(14)(C)Deview
『DUO presents TGC AUDITION 2021』グランプリ・寺島季咲さん(14)(C)Deview
 「東京ガールズコレクション(以下、TGC)」がプロデュースする、オーディションプロジェクト『DUO presents TGC AUDITION 2021』の最終審査が18日、都内で実施された。最終審査には、応募総数約6400人の中から勝ち抜いたファイナリスト31人が集結。大手プロダクション6社が参加した公開ドラフトで、3社競合の末抽選でホリプロに所属となった東京都出身の中学3年生・14歳、寺島季咲さんは、東京ガールズコレクションへの出演権が得られるグランプリと「Ulike賞」も併せて受賞した。

【写真】グランプリ・寺島季咲さんのウォーキング。

 令和時代のスター発掘を目的に開催される「TGC AUDITION 2021」では、生島企画室、エイジアプロモーション、エイベックス・マネジメント、プラチナムプロダクション、プロダクション尾木、ホリプロの6社の芸能プロダクションが完全ドラフト制で候補者を指名し「所属契約の権利」を獲得。さらに、「TGC」の出演や、ファッション誌への掲載、メディアへの出演権など、活躍の幅を拡げるさまざまな副賞でデビューを支援する。

 今回、このドラフト一巡目で、エイジアプロモーション、エイベックス・マネジメント、ホリプロの“3社競合”による抽選の末、ホリプロのゲスト審査員・足立梨花が引き当てたのが、東京都出身の中学3年生・14歳、寺島季咲さん。プレゼンターとして参加したMattも「キラキラして可愛いので絶対に売れると思う。最初に見たとき、写真の写り方も自信がある感じで、実際見ても美しく、姿勢も歩き方も素敵だった。“絶対にグランプリいくんじゃない?”って言っていたら、やっぱりそうだった」と絶賛するほどの逸材だ。

 寺嶋さんは「今でも信じられないんですけど、自分磨きを続けて、応援して下さった方々にお礼を言いたいです。ありがとうございました」と堂々とあいさつ。今日、会場に到着したときは「すごく緊張していた」とそうだが、「だから周りと比べないように、自分のやることを意識して取り組みました」と語る。本番までには、特技の「ベリーヒップホップダンス」の「ベールの使い方」の練習を重ね、「ハッキリ喋れるように練習してきた」という。そして「今までやってきたことに自信を持って、やり切ったことだと思います」と勝因を語った。

 彼女を抽選で引き当てた足立は「3社で争った身ですので、すでに十分輝いている。すごくかわいい! もう私はこの笑顔に惚れました!」とベタ惚れ。「今のまま、変わらない純粋な心のまま育っていてくれたら、なんでもサポートしますので」とバックアップを約束した。

 この日のオーディションの結果、ドラフト1巡目では、生島企画室が千葉県出身の高校1年生・大橋りささん(15)、エイジアプロモーションが愛知県出身の高校1年生・千葉紀佳さん(15)、エイベックス・マネジメントが青森県出身の中学3年生・豊田晴里捺さん(14)、プラチナムプロダクションが埼玉県出身の中学3年生・熊谷咲良さん(14)、プロダクション尾木が東京都出身の中学2年生・野中望未さん(13)を指名。また準グランプリには千葉さん、「DUO賞」には大阪出身の会社員・新山桃子さん(22)が選出されている。
    ニュース設定