加藤浩次、子供用ハーネスを理解しない人にひと言 「正論」と共感の声

658

2021年04月19日 12:31  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

タレントの加藤浩次が19日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。子供用ハーネスをめぐる議論に私見を述べ、SNS上で反響が相次いでいる。

■子供用ハーネスに賛否

急な飛び出しなどの事故を防ぎ、子供の命を守る子供用ハーネス。

「子供は突然走り出すときがあるから」「事故が起きてからでは遅い」「子供はいないけど、使ったほうがいいと思う」と肯定的な意見が多い一方、一部では「虐待ではないか」「ペットのリードみたい」と否定的な意見も。同じく子供を持つ親からも「安全だとは思うが抵抗はある」との声があがり、これまで何度も議論されてきた。

関連記事:『スッキリ』子供たちが書いた「サンタさんへの手紙」にグッとくる 加藤浩次も感激

■使わない人も理解を深めるべき?

スタジオの出演者たちから「使いたい親だけ使えばいい」との声があがると、共感した加藤は「子供用ハーネスを使っている親の使い方(の問題)っていうのもありませんか。(ハーネスの紐を)グンと引っ張ってたら、『その引き方はないだろう』とか。それを見るとハーネスって良くないなって思ってしまう人がいるのもわかりますよね」と否定派にも理解を示す。

その上で「車が来たりするところじゃなければ使わない、車が通ってるところは使うとかそういうふうにしたほうがいいのかな」と私見。

子供用ハーネスが安全を守るために役立つことを挙げ、「『こういうのがあるんだ』って知っておくってことですよね。知らないでパッと見てしまったら『何、この紐みたいなのを子供につけて』って知識が足りないとイラッとしたりする部分もあると思いますので、どうやって使うかわかった上で意見を言ったほうがいいのかもしれませんね」と使ったことがない人や理解していない人たちに呼びかけた。

■「つけたい人がつければいい」

2015年6月の放送でこの問題を取り上げた際にも、「つけたい人がつければいいんじゃないの? 『犬みたいで嫌だ』と言う人は、ちゃんと子供を守って危ない場所では遊ばせない。走る場所では抱っこ、手をつなぐことをすればいいだけ」とコメントしていた加藤。

一連の発言にSNS上では、「正論だと思う」「加藤さんが言うように要は使い方」「使いたい人は使わないで使っている人のことは放っておけばいい」「周りに対してのコメントで終わったのも嬉しい」と称賛する声があがっている。

■ツイッターでユーザーが議論

放送を受け、ツイッターでは「子供用ハーネス」がトレンド入り。

「反対する人はずっと手を上げたまま20分位我慢して見てほしい」「他人がどうこう言うことではない」「急に走り出す子供をわかってほしい」など声があがる一方、「楽していい子が育つとは到底思えない」「子供の安全のためじゃなくて親が楽だからでしょう」などいまだ否定的なコメントも見受けられる。

・合わせて読みたい→40代女性の8割が子供の教育で悩んだ経験あり 夫婦で意見の対立も

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

このニュースに関するつぶやき

  • 危ないからexclamation楽だからexclamation呼び名や見た目が問題(爆)とか言うおバカは小学校に戻りましょう♪理解って言う言葉を知らないオトナ♪(笑)は将来の自分の為にもう一本買っておきましょうネ��������
    • イイネ!0
    • コメント 2件
  • 楽していい子が育つと思えないって意見書いてあるけど、苦労すればいい子が育つわけでもないだろうに…
    • イイネ!674
    • コメント 15件

つぶやき一覧へ(431件)

ニュース設定