日本の実力はまだまだ中国より上かもしれない、でも・・・

10

2021年04月19日 16:21  サーチナ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サーチナ

写真中国のポータルサイトに、中国の国力は今なおさまざまな部分で日本に劣っているとする記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)
中国のポータルサイトに、中国の国力は今なおさまざまな部分で日本に劣っているとする記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)
 中国のポータルサイト・百度に16日、中国の国力は今なおさまざまな部分で日本に劣っているとする記事が掲載された。

 記事は、高度に発展した資本主義国であり、2019年のGDPは米国、中国よりも少ないもののおよそ5兆800億ドルで世界第3位であると紹介した。

 その上で「中国は日本と比べてどの点が強いのか」と問題を提起。政治については「両国で政治体制が異なるため、触れない」とし、経済面では全体な規模としては中国が今や日本を圧倒し、都市レベルでも上海が東京と肩を並べているとする一方で、貧富の差、都市と農村の格差、さらには1人当たりのGDPといった点では日本がリードしていると伝えた。

 また、文化面ではノーベル賞受賞者数で大きな差があることに言及し、社会面では治安や医療、平均寿命で日本が中国を上回っており、中国はさらなる発展が待たれると説明。軍事分野に関しては、日本が高い技術レベルを持ちながらオールラウンド性に欠ける一方、中国は全体的な充実が見られるものの、細やかさ、精密性の部分が不足しているとし、両者が正反対の状況にあると紹介している。

 そして、「日本と中国との間にはなおも一定の差がある。われわれも、この客観的な差を認める」と評しつつ、「差を認めることは恥ではない。そして、長期的に見れば中国は必ずや日本を抜くだろう」と自信を見せた。

 将来的に中国の国力が日本を超越すると主張する根拠について記事は「日本が資源に乏しく、輸入に依存し過ぎていること」、「日本が米国に過度に依存しており、自身の深い戦略に欠けていること」を挙げ、「中国が日本に勝ることを、時間が証明してくれるはずだ」と結んでいる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

このニュースに関するつぶやき

  • 日本はすでに韓国にも敗けました。今の日本人はバカばっかりですから。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 夜郎自大中国面目躍如(笑)
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

前日のランキングへ

ニュース設定