朝フルーツで痩せスイッチon!ダイエット効果の高い食べ方

6

2021年04月19日 21:30  つやプラ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

つやプラ

写真40代・50代の女性のための美容・健康法を発信する、美容マガジン「つやプラ」
40代・50代の女性のための美容・健康法を発信する、美容マガジン「つやプラ」

「巣ごもり太り」がなかなか解消できないと悩んでいる方は、朝食にひと工夫して理想のスタイルをとり戻しましょう。ローフードマイスターの筆者が、朝食にフルーツをすすめる理由をご紹介します。

■午前中はデトックスの時間

まず押さえておいていただきたいのは、身体には食べ物を「消化」「吸収」「排泄」する3つの時間割があるということです。

そして、朝から午前中の間は”排泄の時間”。このタイミングで身体の中の老廃物を出すことで代謝アップを狙え、痩せやすい身体に導くことができるのです。

■フルーツだけの朝食をすすめる理由

デトックスタイムには、フルーツだけを食べることがおすすめです。フルーツは消化が速やかで「食物酵素」をおぎなうことができるので、排泄をうながすために最適の食べ物

これにプラスして米やパン、卵、ハム、ベーコンといった消化に時間のかかる食べ物をとってしまうと、消化にエネルギーが優先的に使われて、排泄が遅れがちになってしまいます。なので、ダイエット中はさけていただきたいところです。

■フルーツは太らないの?

「フルーツは太るのでは」という疑問をもたれるかと思いますが、フルーツを正しく食べればダイエットの味方になります。そのポイントは以下の通りです。

空腹の時に食べる

フルーツをほかの食べ物と組み合わせず、空腹の時に食べてください。

フルーツを食後のデザートとして食べてしまうと、ほかの食べ物とフルーツが混ざり合うことで消化に負担がかかり、身体に老廃物がたまりやすくなります

生のまま食べる

フルーツを生のまま食べることで、代謝を上げる効果が期待できる食物酵素をとり入れることができます。

加熱されている缶詰、瓶詰のフルーツはさけてください。また、ドライフルーツは食物酵素が含まれていますのでOKです。

■朝食におすすめのフルーツの食べ方

基本的にはお好みのフルーツを召し上がっていただいて結構ですが、朝食に向く食べ方をご紹介します。

バナナ・アボカドで満腹感を

フルーツだけでは昼食までにお腹が空いてしまいそうで不安という方には、バナナやアボカドがおすすめです。

しっかりとした満腹感があるうえ、お腹ももたれにくいのでおすすめです。

手軽なフルーツスムージーのレシピ

朝は食欲がないという方は、手軽にできるフルーツスムージーがおすすめです。

りんごとキウイのスムージーのレシピ

材料(2人分)

・りんご 1個

・キウイ 2個

・水 1/2カップ

作り方

(1)りんごは皮ごと、キウイは皮をむいて、それぞれざく切りにしておきます。

(2)ミキサーに(1)と水を入れ、なめらかになるまで攪拌すれば完成です。

「食べないダイエット」はNGです。身体が必要としている栄養素をしっかり補給して、痩せスイッチをオンにしてくださいね。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 財布が痩せる
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 水分と糖分だけ、しかも消化吸収が早い果糖なのですぐにハラが減ることは目に見えている。
    • イイネ!6
    • コメント 15件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定