オリラジ藤森、相方・中田と抗争中のシバターに提案 「サウナに入らないか?」

0

2021年04月19日 23:21  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

19日、オリエンタルラジオの藤森慎吾がYouTubeを更新。相方である中田敦彦の「顔出し引退撤回」に言及したシバターに対し、中田自身が「シバターさんとケンカがしたい」とコメント。

シバターもそれに応じるように動画を投稿したことで、動画でのプロレスがスタート。2人の動向を見た藤森が、シバターに対して手を差し伸べた。

■シバターに共感

藤森はシバターの動画をオマージュし「シバターを救いたい」というタイトルで動画を投稿した。「中田敦彦にケンカを売って散々プロレスしたあげく、最後には相手におちょくられて、お前何やってんだよ」と鋭い指摘を入れる。

しかし、「お前の気持ちな。俺痛いほどわかるよ。今さ、悔しいよな。腹立つよな」と共感しつつ、「なんで俺に相談してくれなかったんだよ。中田敦彦にケンカ売るんだったらまず俺に相談してくれよ」と語りかけた。

関連記事:オリラジ中田、最後の顔出しで藤森に「重大なお願い」 伏線回収に驚きの声

■中田は「人の皮をかぶった悪魔」

今までもさまざまな相手に対して苦言を呈しており、怖いもの知らずと言ってもいいシバター。しかし、藤森は「お前は戦う相手を間違えたんだよ」と忠告。

相方である中田のことを「あいつは人げじゃない。人の皮をかぶった悪魔だ」「中田に手を出しちゃダメなんだ」「あいつに手を出したら滅びる」と何度もつぶやいた。

■顔出し引退でも振り回された藤森

中田が顔出し引退を宣言した際に藤森は「本人が決めたこと」と背中を押していたという。中田がアバターになるのに合わせて藤森も急いでグリーンバッグを購入したが、顔出し引退を即撤回。

グリーンバッグは日の目を浴びることもなく不要となってしまった。なんとか貰い手は見つけたものの、電車で運ぶのに苦労したことを明かした。

■最後にはシバターに提案

最後には「シバターお前、いい車乗ってるじゃねぇか。あれ俺と同じ車なんだぜ」と仲間であることを再度強調しつつ、「嫌なことを一切忘れて、愛車乗ってどっか景色のいい場所にでも行かないか? 嫌なことは全部忘れてさ。俺と一緒にサウナに入らないか?」と提案した。

相方を散々言ったうえで、シバターに歩み寄った藤森。中田とシバターの動画プロレスの行方はもちろんだが、藤森とシバターのコラボ動画にも期待したい。

・合わせて読みたい→オリラジ藤森が明かした今後の野望 「実現したら画期的だと思う」の声

(文/しらべぇ編集部・Aomi

    ニュース設定