ゆきぽよ、“無修正ボディ”写真集からスッピン&手ブラカット公開 ライザップBODY披露

2

2021年04月20日 09:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『FLASH』4月20日発売号表紙を飾るゆきぽよ (C)光文社/週刊FLASH  写真◎岡本武志
『FLASH』4月20日発売号表紙を飾るゆきぽよ (C)光文社/週刊FLASH  写真◎岡本武志
 モデルでタレントのゆきぽよ(木村有希・24)が、20日発売の写真週刊誌『FLASH』(光文社)の表紙に登場。3rd写真集『はじめまして。』(5月25日発売)の先行カットを公開した。

【別カット】手ブラで色っぽい表情を見せるゆきぽよ

 ゆきぽよはライザップのトレーニングで体重4.6キロ、ウェストは11.7センチ減のダイエットに成功。1年2ヶ月ぶりの写真集は、その美ボディを引っさげ体のラインを一切修正しない「無修正ボディ」をテーマに、沖縄で撮りおろしした。

 FLASHでは、その中から、海やプールで弾ける水着姿、麦わら帽子で隠した夕景ビーチなどを掲載。また、ベッドでのすっぴんショットや手ブラなど「ヘルシーギャル」として生まれ変わった、新しい姿のカットも掲載している。

 また、1月に過去に自宅で友人男性がコカインを使用して逮捕され、自らも事情聴取を受けたとの報道があり、表舞台から姿を消した。3月25日のライザップの記者会見で姿を現すまでの「空白の2カ月」について、どのように自分と向き合ったかも、激白している。

 「騒動の後、最初の1カ月はケータイを見るのも嫌でした。毎日泣いていました。『私が罪を犯したわけじゃないのに、どうして?』とふさぎ込んでいました。でも、ライザップのトレーニングは一度も休みませんでした。家に閉じこもっている私を見て、『太陽に当たりましょう。キュンフェロモン出て、元気になりますよ』ってトレーナーさんにアドバイスを頂きました。テニス部を2週間で辞めたくらい運動は苦手ですが(笑)、ライザップのトレーナーさんは、体だけでなく、心のサポートもしてくださいました。表紙でも使われた麦わら帽子の写真は、私物の帽子を使っています。撮影中にスタッフさんに『練習した?』と言われましたが、じつはその通りでめっちゃ練習しました(笑)。イメージ通り撮れたと思います」

 同号にはそのほか、都丸紗也華、ゆりあんぬ、藤乃あおい、あまつまりな、碧島ゆりななどが登場する。

このニュースに関するつぶやき

  • 「私が罪を犯したわけじゃないのに、どうして?」と開き直る女、反社会的勢力と仲良くするのが問題と思わない女
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定