さらば・森田哲矢、個人事務所の悩み告白 「ナメられる」「ヤバい仕事がくる」

0

2021年04月20日 09:51  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

19日深夜放送『トゲアリトゲナシトゲトゲ』(テレビ朝日系)にさらば青春の光・森田哲矢が登場。個人事務所ならではの悩みを、同じく個人事務所を設立したラランド・サーヤに明かした。

◼個人事務所設立

大手芸能事務所・松竹芸能から独立後、13年に森田と相方の東ブクロで個人事務所『ザ・森東』を設立したさらば。賞レースで実績を残しコント・ネタの実力を評価されてきた彼らだが、昨今はトーク・バラエティ能力も認められ、多くの番組で活躍中だ。

フリーで活動してきた同番組レギュラーのラランド・サーヤも個人事務所『レモンジャム』を3月に設立している。そこから森田が「個人事務所ならではの悩み」を吐露していく展開に。

関連記事:ラランド・サーヤ、相方・ニシダへの不満が爆発 「収録中に5時間無言のくせに」

◼過去には…

「手放しでおめでとうって言いたいけど、覚悟しておいたほうがいい。個人事務所には個人事務所ならではのヤバい仕事がくる」と森田は力説。

「個人事務所はナメられる。『ホンマに俺らですか?』みたいな仕事もある」と振り返りながら、大阪のデパートの営業で「さらば青春の光×萬田久子のトークショー」のオファーがあったと明かす。

◼サーヤがシミュレーション

「なんの面識もない。当日、ホンマに萬田久子さんがいはって、萬田さんのファッションの話を俺らがうなずいて聞くだけの仕事だった」と苦笑した森田。そこでこの日はサーヤが「ヤバい仕事」をシミュレーションしていく。

スタッフのリサーチが甘く「ラーメン店の頑固店主が実は頑固じゃなかった」場合や「居酒屋で酔客相手の漫才披露」など、想像するだけで難しいシチュエーションをサーヤが体験していった。

◼視聴者は興味も…

レギュラーの3時のヒロイン・福田麻貴とAマッソ・加納も交えて、シミュレーションをしていったサーヤ。翻弄されながらも、持ち前の対応力で見事に乗り切って森田を驚かせた。

森田が明かした個人事務所ならではの苦労話に視聴者も反応。「さらば青春の光×萬田久子トークショー、見てみたいわ」と興味を覚えた視聴者も少なくなかったようだ。

・合わせて読みたい→さらば森田、女性問題で炎上中の東ブクロへの想いを語っていた 「コンビは運命共同体」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

    ニュース設定