「自分は絵心がある」最も多いのは20代女性 子供の頃から絵を描くのが好き

1

2021年04月20日 11:01  しらべぇ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

趣味でイラストを描き、SNSにアップしている人は多くいる。そのような絵心がある人に対して、うらやましく感じることもあるだろう。

画像をもっと見る

■「絵心があるほう」2割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,733名を対象に調査したところ、全体の19.5%が「自分は絵心があるほうだと思う」と回答した。

関連記事:おっとり美女系AV女優・小野琴弓 無茶振りにも全力で好感度が爆上がり

■子供の頃から絵を描くのが好き

性年代別では、10代から30代の女性が高い割合になっている。

子供の頃から、好きだった人も多い。

「子供の頃から絵を描くのが好きで、漫画家になりたいと思っていた時期もあったほど。今も趣味でイラストを描き続けているので、それなりに絵心があるほうだと思う」(20代・女性)

大人になってから、楽しさに目覚めた人もいるようだ。

「大人になってから、絵を描く楽しさに目覚めた。子供の頃から絵が上手だった人にはかなわないけれど、始めた頃よりは自分なりに上達したと感じている」(30代・女性)

■絵を描くのが苦手

一方で、絵を描くのが苦手な人も多いようだ。

「小さな頃から絵を描くのが苦手で、美術の時間が憂鬱でたまらなかった。大人になってからは絵を描くシチュエーションがほとんどないので、さらに下手になっていそう」(30代・男性)

「会議のときに説明で描いた絵があまりにも下手で、笑いが起きたことがあった。それが恥ずかしかったので、二度と絵で説明はしないと心に誓った」(20代・男性)

■生まれ持ったセンス

絵心があるかどうかは、生まれ持ったセンスが大きく影響すると考える人も。

「絵にはセンスが必要なので、練習を続けるほどうまくなれるものでもない。絵心は持って生まれたものだと思うので、ある人は描き続けてほしい」(20代・男性)

「私も一時期イラストを描いていて、数をこなすことである程度までは上達できた。ただ最初から才能のある人には、どうがんばっても追いつけない」(30代・女性)

楽しく描くことが、なによりも大切なのだろう。

・合わせて読みたい→千鳥・大悟も「一番興奮した」と大絶賛 ジェラードン・西本が初の個展を開催

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年10月28日〜2019年10月30日
対象:全国10代〜60代の男女1,733名(有効回答数)

    前日のランキングへ

    ニュース設定