『ポケモン化石博物館』今夏より開催 ポケモンの骨格イメージした実物大型模型など展示

34

2021年04月20日 14:14  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真巡回展『ポケモン化石博物館』の開催が決定
巡回展『ポケモン化石博物館』の開催が決定
 国立科学博物館は20日、地域の活性化を目的として複数地域の博物館と協働して巡回展を制作していくことを発表した。その第1弾として、株式会社ポケモン(以下、ポケモン社)協力のもと、三笠市立博物館(北海道三笠市)をはじめとする複数の博物館と「古生物とポケモン」をテーマにした巡回展『ポケモン化石博物館』を今夏〜2023年夏まで開催していく。7月4日から三笠市立博物館、今秋に島根県立三瓶自然館サヒメル、22年春に国立科学博物館、22年夏に豊橋市自然史博物館にて行われる(※以降の巡回先は調整中)。

【画像】『カセキポケモンと古生物の骨格図』など展示のみどころ

 国立科学博物館史上初となる官民連携による地域振興を目的とした同巡回展は、人気ゲーム『ポケットモンスター』シリーズに登場する「カセキ」「カセキポケモン」と現実世界で見つかる「化石」「古生物」がテーマ。「観察・比較」という科学の基本的な手法を体験しながら、これらの形や生態、それぞれの世界の化石研究の共通点・違いを発見し、楽しみながら古生物学を学ぶことができる。

 また、巡回展の制作については、地域の複数の博物館と協働し、各博物館の学芸員の知恵と技術を集結することで、一つだけの博物館だけでは制作が困難な規模・内容の展示を制作し、これを巡回することで、日本各地で質の高い企画展示を楽しんでもらうことも目的としている。

 先行して解禁されたビジュアル画像の一枚では、カセキポケモンと古生物の骨格図を公開。オーロラポケモン・アマルルガの骨格想像図や、竜脚類の恐竜・アマルガサウルスの骨格図を公開し、巡回展の目的でもある「観察・比較」ができる仕組みになっている。

 展示の見どころとしては、各博物館の化石コレクションを集結させ、カセキポケモンに似た古生物の実物・複製・模型を展示。「もしも、ポケモンの世界の博物館でカセキポケモンの骨格模型が展示されていたら?」をテーマに「ガチゴラス」「トリデプス」2体の骨格イメージ模型のほか、「かいのカセキ」や復元された「オムナイト」など、カセキポケモンの骨格をイメージした実物大模型を数点展示する。

このニュースに関するつぶやき

  • ピカチュウの骨格標本があったら小さい子供はドン引きだろうな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • これは子供つれていきたい https://mixi.at/a6MfKlg
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定