ラッセル、クラッシュ後の振る舞いについてボッタスやウイリアムズF1へ謝罪「感情が高まり冷静さを欠いた」

1

2021年04月20日 15:11  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGP ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
 ジョージ・ラッセルは、F1第2戦エミリア・ロマーニャGPでバルテリ・ボッタス(メルセデス)とクラッシュした後の自身の過剰な反応について、所属するウイリアムズとボッタスに謝罪した。

 エミリア・ロマーニャGPの決勝レースにおいて、ラッセルとボッタスは9番手を争い、30周目に一気に近づいた。ラッセルはタンブレロへの追い込みでオーバーテイクの動きを仕掛けたが、コースのウエットな部分でコントロールを失い、ボッタスに衝突。ふたりのドライバーはその場でリタイアした。彼らのマシンはかなりの損傷を受け、ラッセルは大きな犠牲を払うことになった接触に関して当初ボッタスを批判していた。

 月曜日にラッセルはクラッシュの詳細な映像を見直した後で批判を和らげ、夕方にソーシャルメディア上でボッタスやチームへの正式な謝罪文を発表した。

「昨日は僕の最も誇らしい日ではなかった」とラッセルは書いた。

「今季のポイント獲得に向けて最高のチャンスのひとつになると分かっていた。そのポイントが今の自分たちにとって重要なときは、リスクを冒すこともある」

「それは結果につながらなかったし、僕はその責任を取らなければならない。その後何が起きたのかを振り返る時間があり、すべての状況にもっと上手く対処するべきだったと分かった」

「その場の勢いで感情が高まることもあるし、昨日は冷静さを欠いてしまった。バルテリ、僕のチーム、そして僕の行動に失望したと感じたすべての人に謝りたい。あれは本来の自分ではない。他の人が僕に多くのことを期待していることは分かっているし、僕も自分自身にもっと多くのことを期待している」

「今週末、僕は厳しい教訓を学んだ。この経験からより良いドライバーとして、そしてより良い人間になりたい」

「今は(次戦の)ポルトガルと、自分の存在意義を示すチャンスに完全に集中する。否定的なものも肯定的なものもすべてのメッセージに感謝したい。すべて僕が成長するうえで助けになる」

 イモラはラッセルにとって、確かに幸運な会場ではない。昨年11月には、ポイント獲得の可能性が高かった第13戦のレース中に、セーフティカーの後ろでクラッシュを喫している。

 ラッセルのInstagram上のメッセージには、支持を表明する大量の返信があり、そこには7度のF1世界チャンピオンであるルイス・ハミルトン(メルセデス)からのメッセージも含まれていた。

「強さは弱さから生まれる」とハミルトン。「間違いを犯さなければ、教訓を学ぶことは絶対にできない」

「責任を取ったことをリスペクトするよ。次に向かおう」

このニュースに関するつぶやき

  • (まぁレース直後で仕方無いなぁ)とは見つつ「あとでこれトトに怒られるぞ」と思った人。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定