Google検索のAR機能に有名キャラ登場 エヴァやガンダムなど全14種

21

2021年04月20日 18:22  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真エヴァンゲリオン初号機
エヴァンゲリオン初号機

 米Googleは4月20日、同社の検索サイト「Google」などの検索結果から14種類の有名キャラクターを3D表示する機能を公開した。Google検索のAR機能を活用したもので、キャラクター名を検索して「3D表示」をタップすることで利用できる。一部のキャラクターは音声を発する。



【その他の画像】



 表示できるのはウルトラマン、ウルトラマンゼロ、ウルトラマンベリアル、ゴモラ、エヴァンゲリオン(初号機)、ガンダム (オデュッセウスガンダム、クスィーガンダム、ペーネロペー)、こぎみゅん、太鼓の達人、パックマン、ハローキティ、ポムポムプリン、リトルツインスターズ(キキ&ララ)の14種。



 スマートフォンのみの対応。スマートフォンアプリ「Google」(iOS/Android、無料)やスマホのWebブラウザ版のGoogleでキャラクター名を検索すると表示される。



 表示したキャラクターは回転やサイズ調整ができる他、カメラでAR撮影することも可能。例えば、スマホの画面越しに、手のひらや自分の部屋といった好きな場所にキャラクターを表示でき、目の前にキャラクターがいるかのような体験ができる。こぎみゅん、ハローキティ、ポムポムプリンからは音声メッセージを聞くこともできる。



 Googleは「#Google3D」「#Google検索ARで遊ぼう」のハッシュタグを付け、Twitterに写真や動画を投稿することを呼び掛けている。


このニュースに関するつぶやき

  • Googleは、異常なトラフィックが検出された、とか、最近ウザ過ぎるから、余程じゃないと使わない。 14種類だけなら、単に用意された画像を見るだけの話し。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • Googleの検索結果操作っぷりは予想をはるかに上回る…(msnニュース 2019/11/19) https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1977289694&owner_id=67611045
    • イイネ!10
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(12件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定