ヤクルト・田口、6回1失点で移籍後初勝利の権利 代打・川端が勝ち越し打!

7

2021年04月20日 20:40  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真ヤクルト・田口麗斗 (C) Kyodo News
ヤクルト・田口麗斗 (C) Kyodo News
◆ 6回のピンチを凌ぎ渾身のガッツポーズ!

 ヤクルトの田口麗斗投手(25)が20日、敵地・マツダスタジアムでの広島戦に先発登板。走者を背負いながらも6回1失点の粘投を見せ、移籍後初勝利の権利を持ち降板した。

 田口は初回、先頭の菊池涼に四球を与えるも、バッテリーを組む中村の盗塁阻止もあり無失点スタート。立ち上がりはボール先行のカウントが目立ったものの、丁寧な投球で序盤3回を無失点で終えた。

 4回は一死から3番・西川に四球を与えると、続く鈴木誠には右前打を許し一、三塁のピンチ。5番・長野には中前適時打を浴び先制を許した。それでも、続く坂倉は内角真っ直ぐで詰まらせ二塁へのハーフライナー。この打球で二走・鈴木誠が飛び出しており、併殺でピンチを脱した。同点に追いついてもらった直後の6回も一死二塁のピンチだったが、西川を左飛に退けたあと、続く鈴木誠は空振り三振斬り。ピンチでクリーンアップを封じ渾身のガッツポーズを見せた。

 田口は6回99球、4安打1失点、5三振2四球の粘投。これで7回無失点だった3日の古巣・巨人戦(東京ドーム)、6回2失点だった11日の中日戦(バンテリンドーム)に続き3試合連続でクオリティースタート(6回以上、自責点3以下)を達成し、今季の防御率は3.38に良化した。

 ヤクルト打線は広島先発・森下の前に5回まで無得点だったが、1点を追う6回、2番・中村の右犠飛で同点。7回は代打・川端の右前適時打で試合をひっくり返し、田口に移籍後初勝利の権利が発生した。

このニュースに関するつぶやき

  • おめでとうございます!次は神宮初勝利を!
    • イイネ!7
    • コメント 1件
  • おめでとうございます!次は神宮初勝利を!
    • イイネ!7
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定