トランジスタ1738個はんだ付けした「地獄のキット」 7日がかりで作る自走CPUがすごい

2

2021年04月20日 20:47  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真1738個のトランジスタをはんだ付けする「地獄のキット」
1738個のトランジスタをはんだ付けする「地獄のキット」

 トランジスタを1738個はんだ付けしてようやくCPUが完成する「地獄のキット」を紹介した投稿が、CPUの仕組みを理解するための修行のようで衝撃的です。



【動画】動き回るCPU



 リニア・テック代表の別府伸耕(べっぷのぶやす)さんが設計と開発を手掛けたCPU組み立てキット。CQ出版社が発行する雑誌『トランジスタ技術』の2020年5月号での特集「大解剖!CPUはこうやって動いている」の付録として設計されたもので、工場での大仕事に携わった気分を体験できそうです。



 別府さんが試作した際には、完成までに7日間かかりました。他の仕事を何もしない場合の製作日数なので、空き時間や週末を狙って組み立てる場合はさらに長い期間がかかりそうです。



 現在はキット単体での販売もしており、通販サイトには製作手順書や全回路図が資料として公開中。資料の圧倒的なボリュームから、CPUについて徹底的に学べる内容であることがうかがえます。販売価格は5万5000円で、20日16時時点での在庫は7個。購入者からは「人生の一課題(?)として、取り組みますので、長い目で見ていただければ」と報告も寄せられていて、一大決心で購入に踏み切った雰囲気が伝わってきます。



 付属のロボットパーツを組み合わせると「走り回るCPU」となり、別府さんが公開した完成品の映像では、CPUが動き回る様子が見られます。Twitterでは「スター・ウォーズ」シリーズのR2-D2を連想する声も多く、SF作品で描かれる未来な世界に浸れそうです。



動画提供:リニア・テック 別府伸耕(@linear_tec)さん


このニュースに関するつぶやき

  • 広い宇宙空間やったら偶然うまいこと鉱物がつながってこんなん1個ぐらいできへんやろか(´_ゝ`)
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定