葉山(向井理)、くるみ(川口春奈)への“誕生日サプライズ”に「切なすぎる」「初回から急展開」の声<着飾る恋には理由があって>

0

2021年04月20日 23:49  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真川口春奈、向井理「着飾る恋には理由があって」第1話より(C)TBS
川口春奈、向井理「着飾る恋には理由があって」第1話より(C)TBS
【モデルプレス=2021/04/20】女優の川口春奈と俳優の横浜流星が出演するTBS系新火曜ドラマ「着飾る恋には理由があって」(毎週火曜よる10時〜※初回15分拡大)の第1話が、20日に放送。俳優の向井理に反響が寄せられている。

【写真】川口春奈、母親の写真を公開「似てる」「凄く綺麗」と絶賛の声

同作は、着飾るという鎧を脱ぎ捨て自分らしく生きる姿を描き、ルームシェアから始まる“うちキュン”ラブストーリー。インテリアメーカーの広報課社員・真柴くるみを川口、自由気ままな料理人・藤野駿を横浜流星が演じる。

◆くるみ(川口春奈)、葉山(向井理)と距離を縮める

くるみは、インターネット通信販売で若者から支持を集めるインテリアメーカー「el Arco Iris」の広報兼インフルエンサーで、社長・葉山祥吾(向井)からも一目置かれている存在。そして密かに葉山に想いを寄せていた。

ある日、書道で賞を獲った母に何か贈りたいという葉山に、くるみは「もらって嫌な女性はいませんよ」と花を勧める。また、路面店のオープンに向けた業務で忙しく、桜を見に行けていないと話したくるみに、葉山は「オープン初日、無事に迎えたら一緒に見に行くか」と声をかけるのだった。

◆葉山(向井理)の“サプライズ”に反響

オープン前日、準備中の路面店にやってきた葉山に、くるみは「(Instagramのフォロワー)あと500人で10万人っていうところまで来ました。超えたらまたご報告します」と告げる。葉山はくるみに何か言いたげだったが、仕事相手が店を訪れ、話は遮られてしまう。くるみは「じゃあまた明日。桜楽しみにしてます」と伝えた。

しかし、迎えたオープンの日、葉山が社長を辞任したと知らされる。くるみは葉山の行きそうな場所を探すが、結局見つけることができなかった。

同日はくるみの誕生日。自宅で落ち込んでいたくるみの元に、葉山から「誕生日おめでとう。桜、見に行けない ごめん」というメッセージとともに花束が届くのだった。

そのタイミングでフォロワー10万人も突破したが、葉山のことが気になり喜べないくるみ。視聴者からは「社長のプレゼントが切なすぎる」「花の話ちゃんと覚えてる葉山さん素敵…でも悲しい…」「初回から急展開」「これからどうなっちゃうの?」など、反響が続々と寄せられている。(modelpress編集部)

情報:TBS


【Not Sponsored 記事】
    ニュース設定