北村匠海主演『東京リベンジャーズ』、SUPER BEAVER主題歌入り本予告&ポスター解禁

0

2021年04月21日 09:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『東京リベンジャーズ』本ポスター (C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
映画『東京リベンジャーズ』本ポスター (C)和久井健/講談社 (C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会
 俳優の北村匠海が主演を務める映画『東京リベンジャーズ』より、SUPER BEAVERが手掛ける主題歌「名前を呼ぶよ」を使った本予告が、オールスター集結の本ポスターと共に解禁された。

【動画】SUPER BEAVER主題歌入り『東京リベンジャーズ』予告編

 和久井健の人気漫画『東京卍リベンジャーズ』(講談社「週刊少年マガジン」連載中)を実写化する本作は、ヘタレ男子のタケミチ(北村)が、人生唯一の彼女・ヒナタ(今田美桜)を救うため、熱い仲間と共に現在を変えようと奮闘する姿を描く。

 予告映像は、負け犬フリーター・タケミチ(北村)の元恋人が殺される衝撃的な展開から始まる。そして、何者かに背中を押され、線路に突き落とされたタケミチが電車にひかれそうになる次の瞬間、死を覚悟したタケミチが目覚めたのは高校時代だった。

 天敵であるキヨマサ(鈴木伸之)に「お前は、一生俺の奴隷だ」とボコボコにされ、顔を腫らしながら「分かってるよ!オレの人生クソだって!」と自暴自棄になりかけているタケミチ。そんな彼を「だったら頑張って。それで10年後も私と一緒にいて」と真っすぐな目で見つめるヒナタ(今田)。10年後の未来で起こる最悪の事態を免れるため、ヘタレ男子のタケミチに課せられたミッションは、「東京卍會を消滅させる」ことだった…。

 東京卍會を率いる総長・佐野万次郎、通称マイキー(吉沢亮)が「潰すぞ!」と吠えれば、漆黒の特攻服をまとった猛者どもが血気盛んな雄たけびを上げる。強烈な存在感を放つ東京卍會副総長・龍宮寺堅、通称ドラケン(山田裕貴)に威圧されるも、「二度と譲れねえもんがある」と覚悟を決めた視線の先に、「どうやって死にたい」と鬼気迫るマイキー。ついに、タケミチは最凶の相手にかみついた。

 SUPER BEAVERによる主題歌「名前を呼ぶよ」のエッジの利いたギターサウンドがバイクのシーンと共に映像をさらに加速させ、マイキー率いる東京卍會と敵対する愛美愛主(メビウス)との激しい攻防が映し出される。最強の男として君臨するマイキーの圧倒的で軽やかな戦闘シーン。タケミチがけんかに負けても仲間がそばにいる<熱い友情>も描かれるなど、胸アツな展開が目まぐるしい。『東京リベンジャーズ』の大ファンであり『鬼滅の刃』で我妻善逸役を演じた下野紘が、特報映像に続き、ナレーションを担当している。

 本ポスターには「運命を殴り変えろ。」というコピーが添えられ、眼光鋭くこちらを見つめるタケミチが拳を握りしめる姿から、自身の人生のリベンジを誓い、過去と向き合い未来を変える覚悟が見受けられる。その背後には大切な仲間たち、そして倒すべき因縁の相手が一堂に会しており、圧倒的なインパクトのビジュアルとなっている。

 映画『東京リベンジャーズ』は、7月9日より全国公開。
    ニュース設定