トロッコ電車が運行再開=富山県黒部市〔地域〕

0

2021年04月21日 11:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 日本で最も深いV字峡の「黒部峡谷」を縫って走る黒部峡谷鉄道(富山県黒部市)のトロッコ電車が20日、冬季休業を終え、運行を再開した。強い日差しに汗ばむほどの好天に恵まれ、観光客らは黒部峡谷の雄大な自然を巡る旅に出発した。

 この日開通したのは、出発駅の宇奈月駅から笹平駅までの一部区間。5月11日に終点の欅平駅まで全線開通し、11月末まで営業する予定だ。

 同鉄道は5月4日で創立50周年を迎えることから、今年は記念乗車券の販売など多数の記念行事を予定している。運転開始セレモニーで同鉄道の鈴木俊茂社長は「地域の発展に寄与していくために頑張っていく」とあいさつ。黒部市の大野久芳市長は「春夏秋冬それぞれの黒部峡谷を楽しんでもらいたい」と話した。 
    ニュース設定