小柳ルミ子、7年ぶりのシングル発売に感慨 「桑田佳祐さんは命の恩人」

0

2021年04月21日 16:31  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(写真提供:JP News)
(写真提供:JP News)

歌手の小柳ルミ子が、7年ぶりのシングル『深夜零時、乱れ心』の発売日である21日に自身の公式ブログを更新。衝撃の引退宣言からの10ヶ月を振り返り、シングル発売に至るまでの思いを語った。

■歌手デビュー50周年を迎えて

小柳は、1971年の『わたしの城下町』で歌手デビューし、今年デビュー50周年を迎える。記念すべきこの年に7年ぶりとなるシングル『深夜零時、乱れ心』をリリースした小柳だが、コロナ禍で仕事が激減した時期に引退を考えたこともあったという。

昨年7月14日のブログでは、4ヶ月ぶりの仕事を終え、「芸能人の悲しい性。もがき苦しんでいても、人前に出ると元気そうに振舞う」と、苦しい胸の内を書き込み、心配したファンから応援メッセージが殺到することもあった。

関連記事:小柳ルミ子、朝から自己嫌悪に陥る 「半分だけ食べてみよう」のはずが…

■『週刊文春』で桑田佳祐が絶賛

そんな中、あるファンがコメント欄で歌手の桑田佳祐が『週刊文春』(文藝春秋)で小柳を絶賛していたことを伝えると、早速文春を手に取り、小柳は大感激。

「沢山のファンの皆さんに愛される、そんな桑田さんにこの様に評価して頂けたのは、有難くて、嬉しくて、涙を止める事が出来ませんでした」「桑田さん、この様な私に、これ以上ない賛辞を、本当に本当に、有難うございました」と思いをつづっている。

■「感無量です」

この日ブログを更新した小柳は、そうした経緯を振り返り「感無量です」と語り始める。

「歌手・小柳ルミ子の命の恩人、桑田佳祐さんの記事により『もう一度、業界でスタメンはれる様、頑張ってみよう』」という思いでボイトレを再開したという小柳は、「自信とやる気を再び取り戻せる様、来る日も来る日も、感染予防対策をしながらボイトレに励んだ」のだそう。

再び、歌手としてスポットライトを浴びられるか、不安に押しつぶされそうになりながらも、「自分で掴むしかない」「誰も助けてくれない」「報われるまで努力するしかない」とマイクに向かった当時の心境を明かしている。

■「スポットライトが似合う」

最後は、「引退発言から10ヶ月。今日4月21日、57枚目のニューシングルをリリース出来た事、感無量です」と改めて胸いっぱいな様子でブログを締めくくっている。

この投稿に、ファンからは「新曲リリースまでの険しいプロセス、お疲れ様」「ルミ子さんの努力すごいと思います」「ルミ子さんには、スポットライトがお似合いです」「いつまでも夢をありがとうございます」「私も感無量です」など、喜びと祝福のコメントが寄せられている。

・合わせて読みたい→小柳ルミ子(68)、完徹で歌番組収録 大好きなサッカー観戦に「眠るわけにはいかない」

(文/しらべぇ編集部・ゆきのすけ

    ニュース設定