チャーリー浜さんが誤嚥性肺炎のため死去 ファンから悲しみの声

1

2021年04月21日 16:41  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©吉本興業)
(©吉本興業)

吉本興業は21日、吉本新喜劇のチャーリー浜(本名・西岡正雄)さんが、18日に呼吸不全、誤嚥性肺炎のため大阪市内の病院で死去したと公式サイトで発表。ネット上では死を惜しむ声が相次いでいる。

画像をもっと見る

■さまざまなギャグがヒット

チャーリー浜さんは、吉本新喜劇にて、アメリカかぶれのきざなお坊っちゃんという役柄で人気に。代表的なギャグ「…じゃあ〜りませんか」が大きな話題を呼び、1991年の新語・流行語大賞の年間大賞となった。

ほかに「ごめんくさい。あ、こりゃまたくさい」などのギャグも人気博しており、1992年には上方お笑い大賞の金賞を受賞している。

また、芸人としての活動以外にも、女優・小西美帆がヒロインを務めたNHK連続テレビ小説『やんちゃくれ』に出演するなど、テレビやCMと幅広く活躍していた。

関連記事:吉本を離れる加藤浩次 『スッキリ』でのコメントに注目が集まる

■死を惜しむ声

今回の報道を受け、ツイッター上では「吉本新喜劇のチャーリー浜さん死去」「誤嚥性肺炎」といった関連ワードが多数トレンド入りを果たした。

また、「突然の知らせで驚き信じられない」「チャーリー浜さんのギャグ好きだったな」「師匠クラスの人がまたひとり…」など、ファンからのチャーリー浜さんの死を惜しむ声が相次いでいる。

・合わせて読みたい→ロンブー淳「吉本の良さと悪い部分がわかった」 感謝の言葉も

(文/しらべぇ編集部・北田力也

このニュースに関するつぶやき

  • 78歳はまだ若いわ。
    • イイネ!18
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定