映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』9・10公開 音声カード付ムビチケも発売

39

2021年04月21日 16:47  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』9月10日、全国公開決定にあわせて、何かに喜んでいるようなミュージカル風の場面カットが解禁された (C)2021東映ビデオ
映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』9月10日、全国公開決定にあわせて、何かに喜んでいるようなミュージカル風の場面カットが解禁された (C)2021東映ビデオ
 スーパー銭湯のアイドルとして歌い続け、「NHK紅白歌合戦」3年連続出場を果たしたムード歌謡グループ・純烈(後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭)の銀幕デビュー作『スーパー戦闘 純烈ジャー』が、9月10日より新宿バルト9(東京)ほか全国で公開されることが発表された。歌だけでなく、エンターテイナーとして活動の幅を広げていく純烈の4人が、温泉を守るヒーローとなり、この秋スクリーンから人々の心を温める。

【画像】ムビチケ等のデザイン

 歌謡界のスターダムである純烈のメンバー。それは世を忍ぶ仮の姿で、実は皆の憩いの場となる温泉施設の平和を守るヒーロー“純烈ジャー”として、人知れず温泉の平和を乱す悪と戦っていた――。ある時、全国の温泉でイケメンが行方不明になるという怪事件が多発し、巷で話題となるが、事件性が見られないことから警察の捜査は見送られてしまう。温泉の危機を感じ取った純烈のメンバーは、独自に捜査を開始するが…、というストーリー。

 酒井は『百獣戦隊ガオレンジャー』、白川は『忍風戦隊ハリケンジャー』、小田は『仮面ライダー龍騎』と4人中3人が戦隊ヒーロー出身者の純烈の中で、唯一、ヒーロー初チャレンジとなる後上が作品のキーマンを担う。

 スーパー戦隊&仮面ライダーシリーズだけでなく『美少女戦士セーラームーン』、『男たちの大和/YAMATO』(2005年)など、数々のヒット作を生み出した特撮研究所の佛田洋が監督を務め、銭湯やライブ会場とも一味違う、純烈の新たな一面を引き出していく。

 公開日が決まり、前売券の発売も開始となる。今月28日よりセブンネットショッピングで全5種音声カード付ムビチケの予約を開始するほか、全国のセブンイレブンでコンテンツプリント付コンビニ券が販売開始に。映画前売券サイト「メイジャー」でもムビチケ販売開始となり、ファンにとっては悩ましくもうれしい選択を迫られることになりそうだ。

このニュースに関するつぶやき

  • 普通に『戦隊』か『仮面ライダー』の映画主題歌を純烈に担当してもらい、んでもって、ガオブラック、カブトライジャー、仮面ライダーゾルダ、ギルスをレジェンド枠で登場させれば良いんじゃないの�Dz�
    • イイネ!5
    • コメント 0件
  • 小田じゃないよ、小田井だよ!友井も入れてあげなよ〜特別出演で。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(20件)

ニュース設定