堺雅人、「半沢直樹」受賞に感激 予想外な次なる「日曜劇場」アイデアも…

1

2021年04月21日 17:31  しらべぇ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

俳優の堺雅人が21日、東京・日比谷で行われた「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー’20/第26回AMDアワード」に登場。2020年に優れた功績を残した作品として、ドラマ『半沢直樹』(TBS系)が優秀賞を受賞し、同作を代表してモノリスを受け取った。

画像をもっと見る

■「熱い演技ができるよう精進」

最新のデジタル技術を駆使し2020年に発表された作品、商品を表彰する当イベント。ドラマ『半沢直樹』は、最終回の視聴率32.7%という近年まれに見る大偉業を達成し、世間の耳目を集め、見事優秀賞に輝いた。

登壇した堺は、「素晴らしい賞を頂きまして、非常に光栄。下から別の受賞作品を拝見していて、それぞれの作品に『TBS日曜劇場』のテーマになり得るほどの“ドラマ”があった。(実際に)日曜劇場になれば良いのになと思って見ていました(笑)」と感謝の言葉とともに、他の受賞作を称賛。

「これからも負けないようイキイキして、熱い演技ができるよう精進してまいります」と熱意も語っていた。

関連記事:日本テレビ『スッキリ』で半沢直樹の特集始まり… 「これ大丈夫?」と視聴者衝撃

■「働く人に元気を」

『半沢直樹』を手がけたTBSテレビ・制作局ドラマ制作部のディレクター・福澤克雄氏は「7年前に第一弾をやって、最初ははずれるはずれる、と言われてきたが、なんだか知らない間に当たって…本当に良かったです」と安堵の表情。

「TBS日曜劇場のテーマである、働く人に元気を与えるということができて嬉しい」と喜びを見せていた。

■「鬼滅の刃」や「どうぶつの森」も

堺が称賛していたその他の受賞作は、ゲームソフト『あつまれどうぶつの森』(任天堂)、テーマパーク『GUNDAM FACTORY YOKOHAMA』(Evolving G)、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(集英社、アニプレックス)、Web会議サービス「Zoom」(ZVC Japan)などがあった。

・合わせて読みたい→「JO1」川尻蓮、川西拓実、木全翔也が『半径1メートルの君』に出演

(取材・文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

    ニュース設定