馬産地の将来を担う16名の修了生たち/田中哲実

0

2021年04月21日 18:00  netkeiba.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

netkeiba.com

写真▲ハイレベルな騎乗供覧を披露する38期の研修生
▲ハイレベルな騎乗供覧を披露する38期の研修生
【田中哲実(ライター)=コラム『生産地便り』】

◆就職先は大手志向が一段と鮮明に

 4月16日(金)、BTC育成調教技術者養成研修第38期生16名の修了式が行われた。まず午前10時より、研修所内800m馬場にて、実技査閲からスタート。16名がそれぞれ騎乗し、コースを周回して、1年間の訓練の成果を披露した。

 これに先立ち、13日(火)に開催されたJRA育成馬展示会(日高育成牧場)では、16名中14名が、JRA育成馬(27日中山競馬場で開催予定のブリーズアップセールに上場される)に騎乗して、JRA職員とともに2頭併走で1600mダートコースを走った。

 メニューとしては、こちらの方がずっと難易度が高く、向正面からキャンターでスタートした各馬が、4コーナーを曲がる地点に向かって徐々に速度を上げると、残り2ハロン地点より計時が始まり、多くが12秒台から11秒台でゴール地点に向かって疾走するハイレベルな騎乗供覧である。幸い、落馬もなく、騎乗した14名全員が無事に任務を果たしていた。

 38期生の16名はすでに全員が就職先を決めている。修了式の際に配布された資料によれば、ノーザンファーム3名、追分ファーム2名、社台ファーム1名、ビッグレッドファーム2名、ダーレー・ジャパン・ファーム2名。コスモヴューファーム1名など、いわゆる大手志向が一段と鮮明になった印象である。

 騎乗者不足は今や全国どこでも深刻だが、とりわけ多くの牧場がひしめくBTC周辺の育成牧場は、このところインド人騎乗者が急増しており、浦河町だけでも200人を超えている。かつては日本人騎乗者を主体にしていた育成牧場が、相次ぐ日本人の離職により、やむを得ず外国人騎乗者に頼らざるを得なくなってきている。その主流が、現在インド人騎乗者ということになる。

 本来ならば、BTCのある地元浦河に残ってくれる研修生がいることが望ましいのだが、残念ながら今期はついに全員が町を出て行くことになった。最も人材を欲しているはずの地元の育成牧場に、若者が定着しにくくなっているのは事実で、今後の大きな課題のひとつと言えるだろう。

 (文=田中哲実)
    ニュース設定