バンド“FISHMANS”のすべてがここに 『映画:フィッシュマンズ』ポスター&ティザー予告解禁

0

2021年04月21日 21:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真『映画:フィッシュマンズ』ポスタービジュアル (C)2021 THE FISHMANS MOVIE
『映画:フィッシュマンズ』ポスタービジュアル (C)2021 THE FISHMANS MOVIE
 デビュー30周年を迎える孤高のバンド“FISHMANS(フィッシュマンズ)”に迫ったドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』が、7月9日より新宿バルト9、渋谷シネクイントほかにて公開されることが決定。併せて、ポスター&ティザー予告が解禁。キャスト陣も発表された。

【動画】生き生きしたそれぞれの表情に引き込まれる『映画:フィッシュマンズ』ティザー予告

 フィッシュマンズは1987年に結成され、1991年4月21日にシングル「ひこうき」でヴァージン・ジャパンよりメジャーデビュー。楽曲のほぼすべての作詞・作曲を担当していたボーカル・佐藤伸治さんが1999年に急逝してから22年。現在も活動を続け、音楽シーンに多大なる影響を与えており、海外での評価も高まっている。

 本作は、2019年2月の「闘魂 2019」のリハーサルから撮影を始め、明治学院大学ソング・ライツ部室、渋谷La.mama、渋谷クラブクアトロ、三軒茶屋クロスロードスタジオ、VIVID SOUND STUDIO、日比谷野外音楽堂などメンバーのゆかりの地を訪れてインタビューを実施。今まで多くを語ることがなかった現・旧メンバーがカメラの前で当時の事を振り返る貴重な話が、ライブシーンと織り交ぜられている。

 また、関係者が大切に保管していた100本以上のVHSなどの素材をデジタル化した初公開映像を多数収録し、音楽ドキュメンタリーとしては異例の172分に及ぶ作品となっている。

 監督は、近年「般若」の音楽ドキュメンタリー映画『その男、東京につき』で撮影監督を務め、映画のみならずコマーシャルフィルム、MV、海外コンテンツなど多岐にわたるジャンルで演出・撮影を手がけている手嶋悠貴。本作が長編映画デビュー作となる。

 ポスターは、ボーカル・佐藤伸治さんがステージ上で熱唱している姿が印象的。ティザー予告は「ナイトクルージング」の楽曲に乗せ、佐藤、茂木欣一、柏原譲のメンバー3人が浜辺でたわむれ合う写真で構成されており、生き生きしたそれぞれの表情に引き込まれる内容。最後は日比谷野外音楽堂で語る茂木欣一の言葉で締めくくられる。

 また本作には、佐藤伸治さん、茂木欣一、小嶋謙介、柏原譲、HAKASE‐SUN、HONZI、関口“dARTs”道生、木暮晋也、小宮山聖、ZAK、UA、ハナレグミ、YO‐KING(真心ブラザーズ)、原田郁子(クラムボン)、こだま和文らが登場する。

 『映画:フィッシュマンズ』は、7月9日より新宿バルト9、渋谷シネクイントほかにて公開。
    ニュース設定