アインシュタイン・稲田直樹、ブラマヨ・吉田敬からの言葉を激白 「俺が切り開いた道は…」

0

2021年04月22日 03:20  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(写真提供:JP News)
(写真提供:JP News)

お笑いコンビのアインシュタインが、21日放送の『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)2時間SPに出演。よしもとブサイクランキング首位に輝いたことがある稲田直樹が、ブラックマヨネーズ・吉田敬から受けた言葉を明かした。

■6.5世代は見た目が汚い?

番組前半に放送されたのは、「お笑い6.5世代ガチ悩み相談」。アインシュタインの他、さらば青春の光・三四郎・見取り図が登場し、お笑い界を席巻する第7世代の陰に隠れ、不遇な状況に置かれていることを訴えかけていく。

その中で「6.5世代は第7世代と違って見た目が汚い」という話題になると、稲田はかつてブサイク芸人としてジャンル分けされることが多かった吉田とのエピソードを明かし始めた。

関連記事:松本人志、吉本女芸人”超大御所芸人の愛人説”に「リアリティある」

■ブサイク芸人の先人に感謝

稲田は「昔、ブラマヨさんがM-1獲られた後に、吉田さんがブサイクブサイクと言われたときもありまして」と回顧。

さらに、「僕がお会いしたときに、『ブサイク芸人の道を切り開いてありがとうございます!』って言わせていただいたことがあるんですけど」と、同じキャラの後輩として礼を述べたことを告白した。

これに対し、吉田から返ってきたのは「俺が切り開いた道は、お前の車幅では通られへん」という言葉だったという。

■吉田は四駆、稲田は…

スタジオが笑いに包まれると、吉田は当時の思いを激白。「僕も大概なんですけど、国産の四駆みたいな…でもちょっと、稲田を初めて見たとき、こいつ軍事用やな思って」と、同じブサイク芸人でも、稲田は桁違いに感じたことを回顧した。

しかし一方では、「それを切り突き抜けてきたから…」と稲田の活躍をたたえる発言も。キャラクターを生かし、今や立派な売れっ子となった後輩を認めているようだ。

・合わせて読みたい→ブラマヨ吉田、都構想関連投稿へのリプライに反論 「キメツケの刃はダメだぜ」

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

    ニュース設定