松本人志、『水ダウ』スタッフを「言語が通じない人たち」 視聴者は共感

3

2021年04月22日 04:50  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

21日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が番組スタッフを「言語が通じない人たち」と呼び、視聴者からも納得する声が上がった。

■肝心のアイテムが獲得できず…

番組では、前回に引き続き「たとえ閉じ込められていても『今日のラッキーアイテム』さえ手に入ればそのラッキーで脱出できる説」を検証。

この説は長野県の雪原に建つ一軒家に閉じ込められたお笑いコンビ・パタパタママが、テレビ番組の占いコーナーで発表される今日のラッキーアイテムを駆使し、脱出に必要な2つの鍵を入手して東京まで帰るという企画だ。

そんな中、2人は15,000円で「明日の占いで好きな星座のラッキーアイテムを1つ入手できる」というチャンスを獲得するも、翌日の土曜日、テレビ番組の占いコーナーで生命線とも言えるラッキーアイテムが紹介されず、パタパタママは絶望した表情で「騙された…」と口を開いた。

関連記事:ダウンタウン・松本人志、浜田雅功への不満を爆発 「それ俺が言うてたヤツ…」

■パニックになるも応答なし

この状況を説明されていないことに、パタパタママ・木下貴信が「土曜日、スタッフの方々はこうやってないこと分かっとったんでしょ?」とキレると、相方の下畑博史は「そりゃ分かってたよ」と返し、「閉じ込められてる側の人の気持ちとか考えてねぇんや」と続ける。

さらに、2人は9日後に見事2つの鍵を手に入れ家を出るも、雪原が広がっていることに絶望。履物や防寒具などがないため、木下が番組スタッフに向けて「誰か出て来てください」「僕たちはどうしたら良いんですか?」と必死に呼びかけるも、反応はなかった。

その後、2人は履物や防寒具を何とか獲得。ラッキーアイテムで入手した移動販売車に乗って無事に吉本東京本社まで帰還した。

■「何にも答えてくれない」

そんなパタパタママがスタジオに登場すると、木下は最初に家から300メートル先にある移動販売車の存在に気が付かなかったことを念頭に「『あれですか?』とか言っても、ここのスタッフの人は何にも答えてくれないんですよ」と話した。

対して松本は「ここのスタッフ言語が通じない」と返し、続けて「言語通じない人たちでやってるんですよ」と語る。

この番組スタッフに対する松本のコメントは、視聴者の間で「言語が通じないは本当そう」「何にも答えないのは言語が通じないからかぁ」と話題になり、納得する人々が続出した。

・合わせて読みたい→桃月なしこ、写真集未公開の水着カットにファン感動 「お世辞抜きで神」「なしこしか勝たん」

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

このニュースに関するつぶやき

  • ��松本人志⇨マッチョ松本�� 浜田雅功⇨ハラスメント浜田�������ǥ��������ǥ�
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 日本人じゃ無いのでは?番組の企画が在日が考えそうな事が多い!
    • イイネ!31
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定