M1チップと新色で“時代の変化”を感じさせたApple新製品発表会を振り返る

1

2021年04月22日 06:11  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真Apple Parkを背にして、ティム・クックCEOがApple CardやPodcastアプリ、iPhone 12/12 miniの新色を立て続けに発表した
Apple Parkを背にして、ティム・クックCEOがApple CardやPodcastアプリ、iPhone 12/12 miniの新色を立て続けに発表した

 日本時間で4月21日の未明に行われたApple新製品発表会、そのタイトルは「Spring loaded」だが、これはバネに圧力がかかって縮められている状態を意味する。今にも伸びて弾けそうな状態のことであり、発表会はまさにその通りで1時間弱のコンパクトな講演の冒頭7分で、Apple Card、Podcastアプリ、そしてiPhone 12/12 miniの新色、Purple(紫)が立て続けに発表されている。



【その他の画像】



●冒頭の7分でクレジットカードとPodcastを再発明



 Apple Cardはまだ日本では使えないが、Appleがクレジットカードを再発明するとして米国で展開中だ。これまでの使用状況をiPhoneで管理できるなど、従来のクレジットカードにない多くの特徴を備え、今では最も成功したクレジットカードとなっている。



 今回は、クレジットカード業界の因習で夫婦やパートナーでの信用スコアの算出方法が公正ではないとして、そこを是正した他、子供用に親が限度額を設定できるApple Family Cardなどを発表した。一度、どこかの業界に足を突っ込んだからには、ユーザー視点で製品から得る体験を徹底的にブラッシュアップするあたりは、実にAppleらしい。日本での展開が始まる頃には、かなり洗練されたサービスになっていそうだと今から楽しみだ。



 Podcastは、2005年にAppleがiTunesというアプリでサポートしてから爆発的に広がった。最初は3000ほどしかなかった番組は、現在数百万にも及ぶ。



 2021年5月に、AppleはPodcastアプリにこれまでで最大規模の刷新をかける。番組に美しいタイトルページが用意できるようになり、番組のフォロー/視聴/共有を簡単に行えるようにする。



 同じクリエイターによる異なるPodcast番組をチェックできるように、チャンネルという仕組みが加わる。自分に合いそうなチャンネルをお勧めする機能も追加される。だが、何といっても最大の発表はPodcastに月額課金の機能が用意されることだ。これによって、Podcast番組の配信者が独自にリスナーに課金することが可能になる。Podcastサブスクリプションは、5月から日本を含む170の国でスタートする。



 今回の発表で、最も驚きだったのが、iPhoneに関しても発表が行われたことだろう。製品仕様などの技術的な変更点は一切ないが、2020年10月の発表以来、優れたカメラ性能や割れにくいCeramic Shield、5G対応などで人気のiPhone 12と12 Proに、ちょうど今が見頃の藤の花を思わせるようなカラーバリエーション「Purple(紫)」が春の新色として加わった。この新色は4月23日金曜日から受注が始まり、4月30日から出荷が始まる。



 これだけでも、かなり充実の発表内容だが、実はここまでの発表は全体で55分の講演の最初の7分に出てきた“前菜”にしか過ぎない。本番はここからだ。



●プライバシーを守りつつ紛失を防ぐ「AirTag」



 続いて発表されたのが、新カテゴリーの製品となる紛失防止タグの「AirTag」だ。鍵やバッグなど、よく持ち歩く大事なものに取り付けておくと、紛失した時にiPhoneを使って探すことができるようになる。無くしたものが近くにある場合は、音を鳴らして探すこともできれば、どこにあるか方向と距離をiPhoneで確認する「正確な場所を見つける」機能で探すこともできる。



・AppleがFind My対応の紛失防止タグ「AirTag」を4月30日発売 1個29ドル(日本では3800円)から



 ただし、「正確な場所を見つける」機能は、UWBという通信技術に対応したU1プロセッサ搭載のiPhone(iPhone 11以降)が必須だ。



 万が一、どうしても近くで見つからない場合は「紛失モード」に設定すると、運が良ければ地図上に無くした場所が表示される。AirTagにはGPSも通信機能も内蔵されていないが、近くにiPhoneを持った人が通りかかると、「紛失物が発見された」という通知がAirTagに届き、その場所が地図として表示されるのだ。



・大事なアイテムはiPhoneで探し、誰かが見つけてくれる未来が幕開け



 ここで、すごいことが3つある。1つは「発見」できるApple製品が世の中には10億台近くもあることだ。秘境と言われるような場所から、セキュリティが厳重なオフィスの中まで、どんな場所でも近くをiPhoneユーザーが通りかかる可能性はあるため、紛失物が発見される可能性も大きい。製品ページによれば、紛失モードに設定したAirTagはNFC対応のスマートフォンを近づけることで、持ち主が設定した電話番号などを確認することもできる。



 もう1つは、この紛失物の発見劇が、人知れず舞台裏で行われていることだ。誰が何を無くしたかや、いつどこで発見されたかといった情報は持ち主以外には分からないようになっている。落とし物が発見されたせいで、いてはいけなかったはずの場所にいたことが明るみに出てスキャンダルになる、といった心配はいらない。



 3つ目のポイントは、業界初の試みとしてストーカー的な悪用がされないようにしっかりと工夫していることだ。自分のものではないAirTagが、常に近くにあると通知してくれる機能や、識別子を常に変更してトラッキングできないようにする工夫、しばらく持ち主の元に戻っていないタグが音を鳴らして存在を示すなど多岐にわたる。



 バッテリーで操作する仕組みだが、動作期間は1年間ほどだという。価格は税込みで1個3800円、4個入りで1万2800円のAirTagには、自分の名前や絵文字など好きな言葉を刻印してオーダーすることができる。レザーキーリングやレザーとポリウレタンの2種類のループ(カバンなどに取り付けるためのもの)などのアクセサリーも発売され、エルメス製のキーリング、レザーループ、ラゲッジタグも発売されるなど、製品の生態系も最初からしっかり作られているあたりも含め、よく練られている。



●家庭用TVで正確な色再現を目指した「Apple TV 4K」



 続いて発表されたのは、Appleの動画配信サービス「Apple TV+」と、Apple TVのアップデートだ。Apple TV+では、英国サッカーチームで奮闘するアメリカ人コーチを描いた人気のコメディ「テッド・ラッソ 破天荒コーチがゆく」のシーズン2が7月23日から始まることが発表された。



 面白かったのが、新たにA12 bionicプロセッサを搭載し、リモコンも一新され、4KハイフレームレートHDRにも対応した新型「Apple TV 4K」だ(4月30日から受注開始、5月後半に出荷予定)。



・Appleが新しい「Apple TV 4K」を5月後半に発売 プロセッサを強化して高速化 新しいリモコンも



 最新のiPhoneでは、HDR、つまり、明暗の差が激しい状況でも美しい映像が撮れることが自慢だ。しかも、最新のiPhone 12 Proシリーズでは、そうしたHDRの映像を毎秒60コマというハイフレームレートで撮影することもできる。つまり、動きが激しいスポーツ中継などでも、その動きを滑らかに表現可能だ。



 ただし、どんなにiPhoneが進化しても、家で一番大きなディスプレイにつながれていることが多いApple TVは、その映像を再現することができなかった。しかし今回、A12 Bionicを搭載したことで、その再生が可能になった。



 いや、それだけではない。おそらく新型Apple TV 4Kで一番画期的な機能は、iPhoneを使ってTVの色調整をしてくれる機能だろう。TV上の表示色はメーカー、機種、設定など諸条件でかなり変わってきてしまう。せっかくiPhoneが、物すごく色味に気をつけて撮影を行っていても、TVメーカーによる演色(色をどう見せようとするか)の技術によって、撮った通りの色が見せられない場合もあるが、そこは多くの出版や映像のプロフェッショナルが愛用してきたAppleだけあって色再現性へのこだわりは強い。



 Apple TVで調整用のパターンを表示し、画面上に「ここにiPhoneを置いてください」というエリアが示される。そこにiPhoneを合わせて置くと、センサーやカメラを使ってどんな色に表示されているかを認識して、TVの色特性を把握し、Apple TVからの出力を調整して、そのTVでできる最善の色再現を試みてくれるキャリブレーション機能が加わった(TVそのものの色調整が行われるわけではなく、あくまでもApple TVの表示を見ている間だけ色調整されている状態だ)。



 メーカーやモデルの壁を超えて、家庭用TVである程度、色の再現性を保つという試みはかなり画期的なことではないかと思う。



 Apple TV 4Kで、もう1つ変わったのがリモコンだ。Siri Remoteという名前こそ変わらないが、Siriを呼び出すボタンは側面に移動し、タッチセンサー部は円形になった。円周に沿って指を回転させることで早送りや巻き戻しをするという操作が可能になっている。



●横展開を続けるApple M1チップ



 今回、最大の発表はApple M1プロセッサを搭載した新型iMacとiPad Proの発表だ(いずれも4月30日から受注開始、5月後半に出荷の見込み)。2020年11月、M1を搭載した最初のMacが発表された時、奇しくも「大きな変化の前奏曲となるApple M1」と書いていたが、それから5カ月の時間を経て、その大きな変化の最初の波を目の当たりにすることになった。



・iMacがM1チップを搭載し23.5型にフルモデルチェンジ――キーボードも3タイプから選択可能



 iMacは、大胆に色も形も変わった。それに対してiPad Proは、これまでの製品と外観は変わらない。従来は大画面化したiPhoneのProシリーズといった印象もあった製品が、性能に軸足を置いて見ると、むしろタッチ操作ができるMacBook Proといった印象が強い。



・新「iPad Pro」発表 M1チップ搭載で5Gにも対応、12.9型モデルはLiquid Retina XDRディスプレイ搭載



 11年前に発表されたiPadは、スマートフォンとPCの間を埋める新カテゴリーの製品として発表された。当時は、ただiPhoneの画面を大きくしただけと冷やかされることもあったが、その後、世界中の多くの人が画面が大きくなるだけでも体験が全く異なることを知ることになる。



 AppleはiPadという製品の定義を、iPad miniなどでよりスマートフォン側に広げたが、今回のiPad Proは、製品としての定義をよりハイエンドPC側に広げた格好だ。



 ここで、今回の発表をふかんして見ると面白いことに気がつく。



 今回発表されたiMacが搭載するのは、Apple M1プロセッサだ。iPad Proが採用するのも同じM1プロセッサで、2020年秋に発表されたプロ向けの13インチMacBook Proが備えるのもM1、一般向けのMacBook AirもM1なら、デスクトップ型のMac miniもみんな内蔵しているのは同じM1プロセッサなのだ。



 しかも、Intelプロセッサを搭載していた時代のように、何GHzのプロセッサかといったことを気にする必要も、どれくらい性能差があるか分からない動作周波数の違いに数千円余計に払うべきかといった複雑な悩みもいらない。



 Appleは毎年、その年に販売できる最高のプロセッサを作り、それを全ての製品ラインで展開していく。熱処理の仕方や内部の構成によって同じM1でも性能差が出ることはあるが、基本的に搭載しているプロセッサは(少なくとも今のところは)皆、一緒という製品ラインアップの構築は、無駄なバリエーションがないというところで環境負荷が小さいことも容易に想像できるし、ユーザーに対してもフェアなPCの作られ方だと思うのは私だけではないだろう。



 今回の発表は、M1プロセッサの登場で、PCやタブレットの作られ方の概念が大きく変わってしまったことを改めて強く印象づけてくれた。



●M1プロセッサによる変化を形で表した新型iMac



 では目玉の2製品、プロセッサ以外はどのように進化したのだろう。



 M1の登場に合わせて、製品のデザインが根底から見直されたのが新型新iMacだ。これまではIntel製Coreプロセッサでいくつものチップに分かれていたものが、M1で1つにまとまったこともあり、まずは電子基板が劇的に小さくなった。これまでのInte製プロセッサは高熱になるので、冷却のためのファンなども大型のものが必要で、それが本体背面に膨らみを作っていた。しかし、M1は熱効率もいいので基板の両端に小さなファンを2つつけるだけで済んでしまう(新型iMacの場合)。



 この内部構造の結果が、本体を厚さ約11.5mmの平らな板にしてしまうという小型化だ。重量も4.5kg前後と劇的に軽くなっている。コロナ禍で人々がふさぎがちになる空気に抗うように、製品には気分を明るくする6色のカラーバリエーションとシルバーモデルを用意した。この7色というのは虹の色であり、Apple初期のロゴマークの色でもある。



 ただし、iMacやiPhoneなど、全てのApple製品に通じるデザイン哲学を忘れたわけではない。Appleのデザイン哲学とは、デジタル機器では画面に表示される情報が主役だ。製品を使ってソフトウェアとインタラクションしている間は本体の存在感を潜め、逆に使っていない時には物としての美しさで人を魅了する、というものである。



 カラーバリエーションは実際には濃淡の違う2色で彩色されており、画面がある正面には控えめな薄い色を使い、本体の側面や背面には鮮烈な色を使っている。とはいえ、本体が薄いので真横から見た時には本体はほとんど消えてしまいそうだ。



 本体背面には4つのUSB Type-Cポートがあるが(下位モデルを除く)、このうちの2つはThunderbolt対応になっている。一方、省かれたのがネットワークポート(有線LANポート)だ。有線LAN接続ができなくなったわけではなく、何とACアダプターにポートが用意された。



 この設計変更のおかげで、有線LANでつないでいる場合も、(USBポートを使っていなければ)本体に挿すケーブルは1本だけで済む、というシンプルな配線を実現している。ちなみに電源コードも編み込み素材を採用し、なんとマグネットでピタッと吸着する仕様になっている。



 ディスプレイは24インチの4.5K解像度(正確には23.5インチで4480×2520ドット)は、500ニトの輝度とDCI-P3と呼ばれる広色域に対応する。



 M1プロセッサの搭載でCPU性能は最大85%、グラフィック性能は最大2倍など性能も大きく進化しているが、それに負けないくらい進化したのが、フロントカメラだ。コロナ禍でオンラインミーティングなどが増えたことを受けて、Mac史上最高となる1080p(ハイビジョン画質)のカメラに進化した。内蔵ISP(画像信号プロセッサ)が1秒間に1兆回の計算をして自動的にホワイトバランスや露出、顔検出、画像融合、ノイズ低減、細部強調、ローカルマッピングといった映像処理をして、暗いところでもきれいに顔を映してくれる。



 この高性能カメラに合わせて、マイクの性能もスタジオ品質に大幅に向上した。3つのマイクアレイでハウリングを抑え、ビームフォーミングという技術で家庭内の他の雑音をカットしてユーザーの声だけを捉えてくれる。



 一方で既に定評のあったスピーカー品質もさらに向上している。2組のフォースキャンセリングウーファーが、不要な振動を排除して豊かで深みのある低音を響かせ、1組のウーファーごとに1つの高性能ツイーターを搭載することでバランスを調整する。



 そしてスピーカーに関してもう1つすごいのが、Dolby Atomsでビデオを再生する時に空間オーディオで音が再生されることだ。つまり、顔の向きに関わらず映画の出演者の声が、本人が映し出されている場所から聞こえてくる。



●MacBook Proユーザーをも嫉妬するiPad Proの性能



 新型iPad Proは、M1の別の可能性を見せてくれた。これまでどこかPCに対して非力と思われていたタブレットが、今回さまざまな点でノートPCを超えた存在になってしまった。



 Thunderbolt(USB 4.0)を搭載し、内蔵ストレージの容量も倍になり、最大2TBまで搭載可能になった新型iPad Proだが、近い性能を誇るMacBook Proに対して勝っているポイントは他にもたくさんある。



 タッチ操作が行えるのはもちろんだが、それ以外にディスプレイ性能とカメラ性能、さらにはLiDARの搭載や5G通信搭載オプションというMacBook Proにはない強みがある。



 Appleは、ここしばらく4K HDR映像の普及に力を入れており、実際、iPhone 12 Proなどで撮影してみると、その映像の美しさに息をのむことが多いが、MacBook Proのディスプレイは500ニトの輝度や広色域(DCI-P3)といっても従来型の液晶ディスプレイの延長線上にあるもので、HDR本来の美しさを再現できない。これに対してiPad Proの特に12.9インチディスプレイモデルでは、ディスプレイの設計を根本から見直した。



 明るい部分を明るくするために、従来よりもたくさんの光源を詰め込む必要があった。そこでAppleは、これまでのディスプレイに採用されていたLEDと比べて120分の1以下のミニLEDを開発し、それを1万個も凝縮してディスプレイに搭載している。



 ちなみに、iPad Proの前モデルが搭載しているLEDの数が72個と聞くと、その差に驚く。ミニLEDの採用で高輝度は実現できたが、よりリアルなHDR描写をするためには暗い部分は暗く描かなければならない。Appleは画面を2596のローカルディミングゾーンという領域に分けて、それぞれの領域で明るさを調整できるようにした。これにより明暗の差が大きい映像でも、きれいに描ける100万:1というコントラスト比を実現している。



 このコントラスト比は、60万円もするApplenoプロ用ディスプレイ「Pro Display XDR」にも匹敵する性能だ。そこで12.9インチiPad Proのディスプレイは「Liquid Retina XDRディスプレイ」と名付けられている。ちなみに、11インチモデルは最大600ニトでMacBook Proなどに近いLiquid Retinaディスプレイのままだ。



 これに合わせてカメラも進化している。背面のカメラは望遠レンズこそないものの、iPhone 12 Proシリーズ相当に進化してSmart HDR3の撮影にも対応した。LiDARとの組み合わせで、暗所でもフォーカススピードが速くなり、AppleがリリースするClupsの新バージョンでは、部屋の床面に沿って光のアニメーションを合成するといった映像効果も利用できるようになっている。



 だが、面白いのはコロナ禍でリモートワークが増えたことに合わせて進化したでフロントカメラ(TrueDepthカメラ)だ。視野角122度の超広角カメラが搭載され、iPadを固定した状態で部屋の中を動き回ると、自分が常に中央でズームされるようにトリミングしてビデオ会議の相手に表示してくれる(映像の中に別の人物が入ってくると、2人とも収まるように拡大率を調整する)。



 1時間未満の製品発表会は、新たな驚きで満たされていたが、これから発売までの1カ月をかけて、今日発表された製品群が、再びインターネットで話題を呼ぶことになる。



 まずは4月23日の金曜日に、紫のiPhoneにAirTagやエルメス製を含むAirTag関連のアクセサリーの受注がスタートする。続いて4月30日にそれらが出荷されると同じ日に、今度は新型iMacとiPad Proの受注が開始となる。出荷は5月後半とまだ先だが、その間には新しいPodcastのアプリもリリースされる。



 実際の製品がどのように仕上がっているのか、折を見てお届けしていきたいと思っている。


このニュースに関するつぶやき

  • iPad miniの新型出なかったなぁ、AirPodsもなぁ…
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定